ポケットモンスター

世界大会レポ-世界大会初参加の反省-[WCS2016]

ポケモン

│2016.11.7

世界大会レポ-世界大会初参加の反省-[WCS2016]

 

こんにちは、テルと申します。

8月19~21日に開催されたWCS2016にVGCの選手として参加してきました。サンムーン発売前に6世代記事を書き終えなければと言うことで、遅くなりましたがサンフランシスコで過ごした約1週間をWCS前日や観光日も含めて時系列順に書いていきたいと思います。

来年以降の自分用のメモとして、また来年以降世界大会に参加する方々にとって少しでも役に立てれば、そして世界大会未経験の方々が少しでも世界大会のイメージを掴んでいただけたら嬉しいです。

本記事はその過ごしてきた中で「やってきて良かったな」「これは準備不足(or失敗)だった」など”対戦内容以外”で気になった点がいくつかあったので、それらを合間に挟みつつ旅レポと言う形で書かせていただきます。

全体的にざっくりした内容ですがよろしくお願いします。

 

反省点と良かったところまとめ

要点だけチェックしやすいように先にまとめを書かせていただきます。

反省点

①Day1の前々日に着くよう飛行機を取るべきだった
②大会の準備は日本を離れる前に終わらせておくべきだった
③開会式に間に合いたいなら開会式開始1時間前に会場に着くべきだった
④緊張からくるもの忘れを防止するために試合前にやるべきことのメモを取っておくべきだった
⑤お酒を飲みすぎない
⑥ドルの換金額が少なかった

良かった点

①使いこんできた構築だったため世界大会という大きな舞台でも緊張によるプレミをしなかった
②オフ会に参加するようにしていた
③使ったパーティがメタの対象外だった
④会場にお菓子を持っていっていた
⑤トランクの空きを作って来た

世界大会レポ


日本時間の18日16:30成田発。あいにくの天気だったものの時間通りに日本を離れました。

シアトルで乗り継いでサンフランシスコに行く予定でしたが、その乗り継ぎでいきなりトラブル発生(入国の際に必要なESTAチェックが終わるのに2時間ほどかかってしまい次の飛行機の出発時間に間に合わなかった)。

シアトルからサンフランシスコへの飛行機が1本あとになってしまい、慣れない環境で落ち着かない時間を過ごすことに。

その後Day1パーティ登録時間変更の知らせ(Day1朝の予定がDay1前日(サンフランシスコ到着日)の17~20時に変更)が入ったりと、トラブル続きで不安な心情のままなんとか現地時間の18日(Day1前日)16時にサンフランシスコ空港に到着。

反省点①Day1の前々日に着くよう飛行機を取るべきだった

今回は1本あとの飛行機が3時間ほどあとにあったから良かったものの、これが翌日だった場合は大参事になっていたので、万が一飛行機が動かなくなってしまった時などの場合も考えてDay1の前々日に着くよう飛行機を取るのがいいと感じました。

大会チェックイン開始時間ギリギリの到着だったためホテルチェックインは後回しにしトランクを転がしながら世界大会会場に向かい17時に会場到着。

ホテル(大会会場はホテルの地下にあるホール、上の階は選手の宿泊スペースとなっています)のロビーはこんな感じでした。オフ会でも体験したことのない数の人が世界中から世界大会のために集まっているんだと初めて実感し胸が高まります。

全国大会でのROM抜け事件を聞き世界大会ではダウンロード版で出場しようと考えていたのですが、その周回が終わっていなかったため急いで周回とポケモンの輸送・なつき度調整を終わらせ19:30に大会チェックイン完了。

反省点②大会の準備は日本を離れる前に終わらせておくべきだった

ホテルに着いてから準備をしようとすると今回のような急な変更に対応できない場合があるため、パーティに限らず何事も早めに準備しておきたいところです。

大会チェックイン後ウェルカムキッドを受け取りホテルのチェックインを終わらせ、自分たちのホテルに移動して水と夜ご飯を買い就寝。ホテルは招待選手と事前に届く株ポケ主催ツアーに申し込んだ人(自費の場合は32万円ほどだった気がします)が大会会場のホテルに宿泊できますが4つ星ホテルということもあり高かったので僕たちは会場付近のホテルを取りました。

こちらがウェルカムキッド。すべて世界大会限定デザインで中には物販で販売されているものとは色やデザインが若干異なる非売品。バトルマットやピカチュウの人形、Tシャツの他、定期入れのようなものやスリーブ、スカーフ、ニット帽なども入っていてめちゃくちゃ豪華。

こちらがサンフランシスコについてから初の食事。トラブルが続いたりパーティ登録終了が遅かったりでクタクタだったことからお店を探すことを諦めてホテルの隣にあるスーパーですませました。サンドイッチは日本の方がおいしかったです。

Day1(19日)

頭が動くよう試合開始の3時間前に起き、朝ご飯を近くのスーパーで買って食べながら会場に向かいました。

今年は対戦参加者が多く会場への入場に時間がかかっていたことや、ウェルカムキッドで貰えるTシャツを昨日貰い忘れてしまったためスタッフに対応してもらっていたり(無事Tシャツを受け取れました!対応力が素晴らしいスタッフの方々でした)していると開会式開始の10分前になってしまっておりせっかく現地にいるのに開会式に間に合わないという失態。

反省点③開会式に間に合いたいなら開会式開始1時間前に会場に着くべきだった

本当に失敗したなと感じました。世界大会会場を目の前にしながら新ポケ紹介に盛り上がっている人たちをTwitterで指をくわえて見ているほど悲しいものはなかったです。それともう1つ、開会式に間に合いたい理由があります。開会式開始前にスタッフ20人ほどが会場ホール入口に立っているのですが、「ようこそ世界大会へ!」と言わんばかりに大きな拍手を永遠響かせてくれているんです。開会式に間に合わなかったもののTシャツを受け取る時にたまたまここを通れたのですが、ここまで祝福してくれるのか、というほどの祝福っぷりで。世界大会に行った際は是非この道を通ってほしいです。僕は感動しました。

会場の廊下はこんな感じ。大きな部屋がいくつかあり、VGC、TCG、ポッ拳、待機スペースなどに分かれています。

VGC会場はこんな感じ。伝わりにくいですがメインホールじゃないのにこの大きさ。

席ごとに番号がふられていて、スイスドローのペアリング発表時の番号の席に移動します。

試合開始には無事間に合い、落ち着いたころに1戦目が始まりました。

Day1はスイスドローで8Roundあり6-2以上の成績でDay2への出場権が獲得できます。

僕の使用した構築はゼルネアスカイオーガです。

1戦目:Luca Breitling-Pause 〇〇 2-0で勝ち

ゼルネオーガミラーだったものの上手くゼルネアスを活かして勝ち。

2戦目:Dani Kree ☓〇〇 2-1で勝ち

グラティナという珍しい並びでしたが直前のアリーナオフでギラティナと対戦できていたことが活きて勝ち。

3戦目:Demitrious Kaguras ☓☓ 0-2で負け

ピンポイントで対策されたかのような超苦手パーティにあっさり負け。

4戦目:Nabil Lakehal 〇〇 2-0で勝ち

Groudon-primalKyogre-primalSalamence-megaTalonflame

サンダーに威嚇入った状態でやつあたりを急所に当てるなどして勝ち。

5戦目:Jake Birch 〇〇 2-0で勝ち

XerneasKangaskhan-megaSalamence-megaSmeargle

同じ人かは分かりませんがDay1抜けて少し話題になったBigナッシーとの対戦。ナッシーは出てこず特に何もないまま勝ち。

6戦目:みらーじゅさん ☓☓ 0-2で負け

Groudon-primalXerneasKangaskhan-megaSalamence-megaSmeargle

4-1と悪くない調子でいけてると思っていた矢先に日本人との初対戦。ドーブルとグラの型を1戦目でうまい具合に隠され2戦目もクレセリアのオボンを絶妙に発動させてくれない乱数を引かれ負け。4-2となりあとがなくなる。

7戦目:Justin Carris 〇☓☓ 1-2で負け

 

再びゼルネオーガミラー。初戦を取り、2戦目も超有利な出し勝ちをしたもののここにきて初の大きなプレミをしてしまい、3戦目は2戦目で取ったゼルネオーガに対しての有効な立ち回り(初手ガルオーガ)をパクられて(猿オーガ)負け。4-3となりここで僕のVGC2016は終わりました。後で知りましたがこの人はDay2でベスト8に入ったそうです。

反省点④緊張からくるもの忘れを防止するために試合前にやるべきことのメモを取っておくべきだった

普段長時間ポケモンする時にはかけるブルーライトをカットしてくれるメガネを持っていってたにも関わらず、緊張のあまりDay1が終わるまでメガネの存在を忘れており、無駄に目を疲れさせ思考力を低下をさせてしまったことが7戦目の2本目のプレミに少なからず影響していると思っているので、試合前にするべきことはメモを取って確認するべきだと感じました。

良かった点①使いこんできた構築だったため世界大会という大きな舞台でも緊張によるプレミをしなかった

ポケモンを始めたキッカケが「世界大会に出たいから」だった僕は、その憧れてきた舞台に今立っているという状況から初戦は手が震えるほど緊張するも回しなれていた構築のおかげで初戦はすんなり勝つことができ、対戦を重ねるごとに緊張をほぐすことができました。去年からオフ会に参加するようにしていた成果も出ていたような気がします。

良かった点②オフ会に参加するようにしていた

今年初めてジャパンカップでベスト32に入れたのですが、いつかジャパンカップを抜け公式オフライン大会に出られることが決まった時、オフライン大会の雰囲気に押しつぶされて力が発揮できないのは1年の努力が水の泡になってしまうと考えていたので、去年の6月頃からオフ会に足を運んでオフライン対戦の耐性を付けるようにしていました。結局全国大会も世界大会も思うような成績を出せませんでしたが、世界大会で徐々に緊張をほぐせたのはオフ会に参加していたおかげだと思っています。

良かった点③使ったパーティがメタの対象外だった

これは意識していたことではなく、また僕には関係ありませんでしたが世界大会という舞台(というより外人)ではメタるという文化が日本よりすさまじいと今回の日本人の成績と勝ち上がっていたパーティから学びました。今年はグラゼルネで頭がいっぱいだったので、来年以降はもう少し”環境は変化する”ということを頭に入れつつメタの傾向を意識しながらパーティを組もうと思います。

良かった点④会場にお菓子を持っていっていた

当日はお昼休憩の時間が設けられておらず2戦で終わった時に少し買いに行って食べるか、持っているものを食べるか、程度の時間しかなかったためしっかり食べることができませんでした。しかし、お菓子のおかげで耐えられないほどの空腹にはならずにすんだので、糖分摂取という意味でも持っていって正解だったと思います。サンドイッチなどそこらへんで買っておくとより良かったと感じました。

Day1が全て終わったのは21~22時くらいだったと思います。予想以上に疲れていたようで帰ったあとは爆睡でした。

Day2(20日)

出場したかったDay2ですがDay1落ちしてしまい暇だったので応援したい気持ちがありつつもサブイベントに参加してきました。ルールはVGC2016や伝説幻準伝を除いた卵から生まれるポケモンのみ使える特殊ダブル、シンオウクラシック、トリプル、マルチなど様々。4戦行い勝利数が多いほど多くポイントを獲得でき、そのポイントでグッズと交換できます。参加費は10,20,30,40ドルのどれかで参加費の金額によって貰えるポイントレートが違いました。僕は2ルール参加(20ドル)してプレイマット3枚、ピカチュウのトートバッグ1つとかなりお得だったので現地まで行ったら楽しいしお得なので参加してみるといいかもしれません。

ポイントで交換できるものはこのようにたくさんありました。日本では手に入らないものもチラホラ。

聞いてはいましたが会場に戻ってみると日本人の成績が振るわず、しかし面白いパーティが勝ち上がってると聞き複雑な気持ちの中ホテルに戻りました。

Day3(21日)

ついにWCS最終日です。VGCは11時ごろと聞いていたので少し遅く起きてバーガーを買って食べながら会場へ。

新たに探したりするのが面倒だったり様々ありましたが振り返ってみるとジャンキーな食事ばかりしていました。でもおいしいので日本にいる間はアメリカンな食事は控えておくと現地でより堪能できるかもしれません。写真はこの時買ったものではありませんがいくつか食べた中で1番おいしかったバーガー。使ってる食材だけでなく味付けも日本とは一味違う文句のつけようのないおいしさでした。アメリカに訪れた際にはバーガーを是非。

決勝戦に残った人が座れる席。ここで決勝戦が行われました。

ジュニア、シニア、マスターと世界チャンピオンが決まる瞬間を”生”で見るというのは今まで見てきたどの試合よりも楽しかったです。海外独特?の〇〇コールも聞けて今まで体験したことのない世界大会独特の雰囲気を堪能。

そして閉会式が終了した後、スタッフが集まってきて何をするのかと思ったら

世界大会が無事終わった記念に写真を撮っていました。とても楽しそうで選手としてはありがたい限りです。

夜は海外選手も集まるパーティに参加させていただきました。世界チャンピオンを筆頭に有名プレイヤーがゴロついてて楽しみながらも終始ビビってました。

反省点⑤お酒を飲みすぎない

ビビってたら気づかぬうちにいつもより飲みすぎてしまい周りの方に助けてもらったので慣れない空間に飲み込まれないようにしましょう(戒め)。助けていただいた方々すみませんでした・・・。

その後ホテルに戻って就寝。

観光日(22日)

予備日でもありますが今年も4日目に伸びることなく終わったので観光してきました。

反省点⑥ドルの換金額が少なかった

クレジットでだいたいどこでも払えましたが、まとめて誰かにカードなりで払ってもらってその後ドルで払うという機会が多かったのでカードメインで払う予定でも最低300ドルは換金しておくのがいいと思います。

写ってるのが小さいですが日本にはあまりない路面電車に乗って

カモメ?がいるような港の近くまで行きました。

眺めの良い少しお高めのレストランに入ってお昼ご飯。海が近いこともあって海鮮がおいしかったです。奮発して正解でした。

次はこんな感じの船に乗って

ゴールデンゲートブリッヂをくぐってきたり、周りが海に囲まれた刑務所となっているアルカトラズ島と言う島(写真撮り忘れました)を見てきたりしました。

その後はお土産屋さんを少し見て回り遅くならないうちに大会会場ホテルへ。

観光後は部屋にお邪魔して日をまたぐまでカロスダブルやVGC2016、マルチなど様々なルールで色々な方と対戦対戦対戦。僕が体験したことのない豪華すぎるメンバーとのこういう場はとても贅沢で楽しかったです。

自分たちのホテルに戻ったあとは荷物を片づけて就寝。

良かった点⑤トランクの空きを作って来た

ウェルカムキッドだけでも結構な大きさで、それとは別に物販やサブイベントの景品、お土産なども積めるとかなり場所を取られました。色々持っていくよりは空きを作って行って正解だったと思います。

出国日(23日)

午前8時45分サンフランシスコ発。24日14時30分成田着。

最後に少しお茶してから帰宅し、とても楽しかった一週間の旅が終わりました。

 

以上で世界大会レポを終わりにします。最後までお読みいただきありがとうございました!来年以降自分もこの反省を活かせる場所に戻れるよう頑張っていきたいと思います。

ミスや質問など何かありましたらお気軽にTwitter(@terupoke9)までお願いします。

VGC

PICKUP -人気の記事-

シングルをやったことがある人向け WCSルール・ダブルバトルのはじめ方【初心者向け】
シングルをやったことがある人向け WCSルール・ダブルバトルのはじめ方【初心者向け】 2017.04.14
ポケモンワールドチャンピオンシップス2017まとめ
ポケモンワールドチャンピオンシップス2017まとめ 2016.08.29
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ 2016.11.24
サンムーン孵化効率検証。最速孵化はどの走り方か
サンムーン孵化効率検証。最速孵化はどの走り方か 2016.11.21
【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017]
【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017] 2017.01.02
クワガノンガブリアス[VGC2017]
クワガノンガブリアス[VGC2017] 2017.02.23
WCS2017ロンドン国際大会トップ8使用構築まとめ
WCS2017ロンドン国際大会トップ8使用構築まとめ 2016.12.14
Wolfe、オーガレックの新境地 - 構築作成の流れ -
Wolfe、オーガレックの新境地 - 構築作成の流れ - 2016.08.24
「ポケモンワールドチャンピオンシップス」シリーズ
「ポケモンワールドチャンピオンシップス」シリーズ 2016.08.29
【ロンドン国際大会13位】滅びブルル[VGC2017]
【ロンドン国際大会13位】滅びブルル[VGC2017] 2017.01.10

LINEUP -ラインナップ-