インタビュー

小学生に将来の夢「YouTuber」急増── ゲーム実況は仕事にするべきか ゲーム実況者ライバロリさんに聞いてみた(前編)

小学生に将来の夢「YouTuber」急増── ゲーム実況は仕事にするべきか ゲーム実況者ライバロリさんに聞いてみた(前編)

[画像出典] YouTube – 「vsもこう先生!?絶対に負けられない闘い…。」

eSportsが2022年アジア大会のメダル種目に決定されるなど、ゲーマーのプロ化が進んでいる。一方で、2016年に大阪府内のある小学校が「4年生男子の将来の夢」を調査した結果、3位に「YouTuber」がランクインし、その勢いはさらに増しているという。果たして収益を目的に動画投稿をするべきか、ゲーム実況者のライバロリさんに伺った。
 

人物紹介:ライバロリさん

福岡県生まれ。京都府在住。現在23歳。「ポケモン」シリーズを中心にゲーム実況を行い、テンポの良い動画編集と軽快なトークで人気を博す。
YouTubeのチャンネル登録者数が「ポケモン」シリーズの実況のみで10万人を突破。
アイコンのキャラクターは中学生の頃にクラスメイト内で流行ったオリジナルキャラクターで、名前は「バー」。彼のトレードマークとなっている。

動画投稿を始めてすぐにお金が貰えるようになるわけではない


話題の発端となったツイート。

 

―― 小学生の将来の夢にライバロリさんの個人名が挙がり、さらにその理由が「受験もせずゲームだけしてお金を貰っているから」であったことが以前話題になりました。これについて率直な意見を聞かせてください。

ライバロリ まず知っておいてほしいのは、動画投稿を始めてすぐにお金が貰えるようになるわけではないということです。

こういうのって人気商売だから、人気が付くまでに時間がかかるんですね。僕もすぐにお金が貰えるようになったわけじゃなくて、5年間くらいポケモンの生放送を続けてたからこその今があるので、まずは思ったより時間がかかるということを伝えたいです。
 
 

―― ライバロリさんはいつごろゲーム実況を始められたのでしょうか。

ライバロリ 僕は18歳の頃からニコニコで放送を始めました。実は僕と同じ時期にニコ生でポケモンの生放送をやっていた人って沢山いたんです。

ニコニコ開いたら100件以上はポケモン放送があっているような時期で、色々な人が放送していたんですけけど、それでも僕と同じ時期に放送を始めて今でもそれを続けている人ってほとんどいないんですよ。

その100件以上いた実況者の中でも、自分としては配信を頑張ってきたという気持ちもあって運良く数字が伸びた方だから今でも動画投稿を続けていますけど、全員が伸びたわけじゃないんです。

同じタイミングで始めていたとしても動画が伸びずに、結局生活の変化、例えば大学の卒業とかで辞めていった人がいっぱいいます。そういったことを僕は見てきたので、実況者として生計を立てることを目的として生放送とか動画投稿を始めるべきじゃないと思っているんですよね。あくまで趣味の一環でやっていくのがいいと思います。

あくまで将来の選択肢の一つに留める

ライバロリ ゲーム実況以外になるんですけど、例えば東海オンエアさんとか、はじめしゃちょーさんとかYouTubeで伸びた人というのは、学生をやりながら動画が伸びた人が多いです。

僕は学生じゃなかったから意見を比較することができないんですけど、学生やりながら趣味で生放送やっていた方がいいと思う理由の一つとして僕が思うのは、見聞が広められるからなんですね。生放送で話すネタが増えるんですよ。学生やりながらだと学生ネタが使えるっていう。だから学生の視聴者からの共感を得ることができて動画が伸びる可能性が高くなるので、僕は学校に行きながら動画投稿するのをお勧めします。

しかも必ずしも動画投稿で生きているようになるわけじゃないから、将来の一つの選択肢として動画投稿や生放送をやっていて、動画が伸びてきたらそっちで生きていくのもいいかもしれないですけど、伸びなかった時のためにいくつか選択肢を用意しておく必要があると思います。生放送や動画投稿で生きていけそうやなあと思ったらそっちにシフトしていく感じです。

学生の頃からの積み重ねなら失敗してもリカバリーが効く

―― 勝負をしかけるのは学生の時。学生の間に結果が出なかったらスパッと諦めると。

ライバロリ そうです。特にゲームに関してはそっちの方がいいと思います。

ゲーム以外の実写とかだったら、大学卒業して社会人になってから動画投稿し始めてもトップに登りつめてる人とか今でも結構いるんですけど、ゲームだとそういった形でトップにいる人をあまり見ないんですよね。仕事を辞めてゲーム実況に専念して、そこから大学の時の積み重ねとかなくいきなりゲーム実況動画投稿して成功しているケースの人はほとんどいないです。

僕は学生の頃からの積み重ねでやっておいた方が選択肢も増えるし、失敗してもリカバリーが効くと思います。仮に動画で成功せずに就職しないといけなくなったとしても、副業として稼げるレベルにはなると思うので。
 
 

―― 実際ライバロリさんは年収1000万円ペースになったと自身の動画内で公表していましたよね。

ライバロリ はい。いや、今後どうなるかわからないです。僕がYouTubeに専念し始めたのが去年の11月末だったじゃないですか。それで12月で切った段階では、11月と12月の広告収入の合計が100万円ちょいですね。110とか120とか。でも1月から今3月分まで出てるんですけど、それで300万は余裕で超えてるんですよね。だからこのままならペースが上がっていってますね。
 
 

>> 次ページ 有名になるには武器を作れ(2/3)

AMALGAME

Twitterでサイト新着情報をお伝えします。

PICKUP -人気の記事-

小学生に将来の夢「YouTuber」急増── ゲーム実況は仕事にするべきか ゲーム実況者ライバロリさんに聞いてみた(前編)
小学生に将来の夢「YouTuber」急増── ゲーム実況は仕事にするべきか ゲーム実況者ライバロリさんに聞いてみた(前編) 2017.04.29
最初から有名になって稼ぐことを目的にYouTubeを始めるヤツは絶対続かない── ゲーム実況は仕事にするべきか ゲーム実況者ライバロリさんに聞いてみた(後編)
最初から有名になって稼ぐことを目的にYouTubeを始めるヤツは絶対続かない── ゲーム実況は仕事にするべきか ゲーム実況者ライバロリさんに聞いてみた(後編) 2017.05.01
有名になるには武器を作れ── ゲーム実況は仕事にするべきか ゲーム実況者ライバロリさんに聞いてみた(中編)
有名になるには武器を作れ── ゲーム実況は仕事にするべきか ゲーム実況者ライバロリさんに聞いてみた(中編) 2017.04.30
Ask TSM Leffen ~Twitterに寄せられた質問にLeffenが答える~
Ask TSM Leffen ~Twitterに寄せられた質問にLeffenが答える~ 2017.02.20
スマブラコミュニティで独自に発展した”宅オフ”文化に迫る
スマブラコミュニティで独自に発展した”宅オフ”文化に迫る 2017.02.03

LINEUP -ラインナップ-