; 「バトルロードグロリア2014東北大会」まとめ | AMALGAME [アマルガム]

「バトルロードグロリア2014東北大会」まとめ

titlebrg2014-a

2014年3月15日宮城県仙台市・仙台市青葉区中央市民センターで行われた「バトルロードグロリア2014東北大会」まとめです。

最期の予選の地、仙台に行ってきました。蟹・牛タン・ホタテの酒蒸し・はらこ飯とおいしい物尽くしの地方です。

アルカナ選手、masa選手には東北大会代表選手として、日本一決定戦への出場権が与えられました。

関連動画

TwitCasting

決勝戦 masa(前)vsアルカナ(奥)

3位 ロト(前)vsみーや(奥)

結果

1. アルカナ(@alcana_10906)

高速・中速・低速とS関係がバランスよく組み込んであるパーティです。日本一決定戦でも多くみられるようになった非メガゲンガー。メガシンカという強力な選択肢を相手に押し付けられるようになった、プテラとともに色々な使われ方が生み出されています。
 

2. masa(@masaVAmpharos)

同じくメガシンカをしないプテラが準優勝を飾りました。
日本一決定戦ではプテラのKP5、使用率25%と随分と高かったですが、メガプテラはいなかったように思います。
 

3. ロト

4. みーや

8. セラヴィ

8. ドル

8. ナコ

8. HAL

16. すらいむ

16. かえで

16. つづり

16. ぴっぴ

16. らす

16. せっちゃん

16. 最低でもEカップ

16. すきる

使用数

66名分

33 ガブリアス
29 ガルーラ
24 ボーマンダ ギルガルド
22 ファイアロー
20 サーナイト
14 バンギラス
13 リザードン 炎ロトム クチート
12 水ロトム
11 ナットレイ
10 マリルリ
9 シャンデラ
8 ドサイドン
7 フシギバナ ニョロトノ ニャオニクス モロバレル
6 キングドラ ドーブル
5 ゲンガー ズルズキン ライボルト レパルダス
4 サザンドラ カエンジシ ユキノオー キリキザン
3 ギャラドス ゲッコウガ ニンフィア ルカリオ ゴチルゼル ハリテヤマ クレッフィ
2 オンバーン マンムー プテラ コジョンド
1 ヌメルゴン サンダー ブリガロン サンダース スターミー マニューラ ゴルダック
  ハッサム ブロスター ルチャブル ウツボット ドクロッグ ランクルス ペロリーム
  フレフワン バリヤード サンドパン カクレオン ココロモリ ソーナンス パチリス
  ゴチミル ヌケニン パンプジン

東北大会予選を終えて

2種類のロトム

ヒートロトムの使用率がウォッシュロトムのを上回りました。

そもそもカロスダブルの初期環境でウォッシュロトムが大量発生したのは、

・ファイアローに対して圧倒的に強い
・「りゅうせいぐん」の威力が下がり、「ドラゴンジュエル」がなくなったために一度も動けずに倒れてしまうことが極端に減った

といった理由があげられるのですが、ヒートロトムはそれに加えて、

・フェアリー半減
・クチートやギルガルドの処理が早い
・メガリザードンYから大きなダメージをもらうことが少ない

といったところでウォッシュロトムよりも優れている上に、雨パの使用率が非常に低いことが追い風となって使用率が伸びているのだと思います。

今回の優勝者、アルカナさんや日本一決定戦優勝者のseeさんが使用したことを考えると、ヒートロトムの使用率はさらに上がるものと思われます。

プテラとゲンガー

冒頭で触れましたが、今作でメガシンカという選択肢を持つようになったポケモンが「きあいのタスキ」や「いのちのたま」を持ち活躍することが増えています。

この2匹の共通点は、素早さが高いこと、最低限度の火力を持っていることが挙げられます。

例えばこれを他に満たすポケモンにはルカリオがあり、「こだわりスカーフ」持ちで活躍しています。また、現在活躍している高速メガシンカポケモンであるライボルトもこの影響を受けるかもしれません。
 

グロリア2014まとめ