; ガルクレセグッドスタッフ[VGC2015] | AMALGAME [アマルガム]

ガルクレセグッドスタッフ[VGC2015]

goodstuff-alcana-20151005

使用時期

2015/09

主な成績

バトルロードグロリア2015L.C.Q.3位
バトルロードグロリア2015日本一決定戦ベスト8

概要

9月20日に開催されたバトルロードグロリアL.C.Qで日本一決定戦への出場権利を獲得し、9月22日の日本一決定戦に出場しました。

結果は上記のとおりでL.C.Qが3位、日本一決定戦がベスト8。
前回グロリアが全敗ということで、多少のリベンジにはなりました。因みに前回グロリアと今回グロリアの両方で出場権利を取ったのは僕とビエラさんの2人だけらしい。

日本一決定戦時のパーティは次のとおりです。

 

個別解説

 メガガルーラ

おんがえし グロウパンチ ふいうち ねこだまし @ガルーラナイト / きもったま→おやこあい
メガシンカ前:181-158-110-*-101-135
メガシンカ後:181-191-130-*-121-145
努力値:H4 A228 B76 D4 S196
性格:いじっぱり

A : 181-120メガガルーラを親子愛けたぐりで確定1発
B : 177メガガルーラの親子愛けたぐり255/256耐え
S : [メガシンカ前]最速70族+1
S : [メガシンカ後]準速霊獣ランドロス+2

 クレセリアの「れいとうビーム」と「ふいうち(A-1)」で4振りチョッキ霊獣ランドロスをほぼ倒せる(164~199)ことから意地っ張り。

相手の陽気ガルーラには倒されないようにしつつ、環境に増えている耐久に多く振ったガルーラには素早さを勝てるようにSに厚め。

「おんがえし」と「すてみタックル」はかなり悩んだが、ガルーラのHP管理がしやすい「おんがえし」に。「ねこだまし」と「ふいうち」は立ち回りのプランを立てやすいとてもいい技。

今大会では後発に置くことが非常に多かったと思う。

 ヒードラン

ねっぷう だいちのちから みがわり まもる @シュカのみ / もらいび
実数値:168-*-130-177-127-141
努力値:H12 B28 C212 D4 S252
性格:おくびょう

B : 身代わりが216ランドロスの「いわなだれ」を耐える(93.75%)

 L.C.Q時ではギルガルドとモロバレルの早急処理を考えて「オーバーヒート」を採用していたが、ミラー時の「みがわり」が強力であることから「みがわり」に変更。

シュカの実は現環境でこれしかいないと思えるだけあって、非常に安定した持ち物。

相手のヒードランがシュカの実を持っているからこちらも持たなければならないとも言える。

「でんじは」、「ねこだまし」、『いかく』などのサポートで「ねっぷう」をガンガン通していくことを意識した。

 化身ボルトロス

10まんボルト めざめるパワー氷 でんじは いばる @防塵ゴーグル / いたずらごころ
実数値:186-*-92-145-118-158
努力値:H252 B16 D140 S100 (B個体値30)
性格:おくびょう

B : 177メガガルーラの『おやこあい』「すてみタックル」をオボン込で確定耐え
B : 197ランドロスの「いわなだれ」をオボン込2耐え
S : 最速霊獣ランドロス+1

Sを158まで上げることで、パーティ内のランドロスの「はたきおとす」と合わせて、相手のランドロスに「はたきおとす」を打って、次のサイクルで「めざめるパワー氷」を当てるという立ち回りプランを立てることができる。

単純に環境にこだわりスカーフを持った霊獣ランドロスが減ってきているというのも大きな理由。

L.C.Q時の「まもる」にはかなり助けられたが、オボンの実をクレセリアに回したことによって選出機会が減ると踏んで「いばる」に変えた。

 霊獣ランドロス

じしん いわなだれ ばかぢから はたきおとす @とつげきチョッキ / いかく
実数値:167-194-111-*-101-157
努力値:H20 A228 B4 D4 S252
性格:ようき

D : 177化身ボルトロスの珠「めざめるパワー氷」を確定耐え

L.C.Q時の直前までこだわりスカーフと迷っていたが、対メガサーナイトを考え突撃チョッキで採用。(それでも予選でメガサーナイトに敗北してしまったが・・・。)

唯一L.C.Qと日本一決定戦で変更がないが、それほど安定感がある型だったと言える。

 クレセリア

サイコキネシス れいとうビーム めざめるパワー地面 でんじは @ オボンのみ / ふゆう
実数値:222-*-146-138-150-106
努力値:H212 B44 C248 S4 (C,D個体値30)
性格:ひかえめ

B : 194キリキザンの珠「はたきおとす」を耐える(93.75%)
C : 「れいとうビーム」で171-110メガボーマンダ確定1発
C : 「めざめるパワー地面」で127ヒードランに最低100ダメージ
C : 「サイコキネシス」+191メガガルーラの『おやこあい』「おんがえし」(A-1)で221-134-101モロバレルを倒せる

ボルトロスとの持ち物の兼ね合いに悩んでおり、L.C.Q時ではゴツゴツメット+「つきのひかり」で採用。

しかし、「めざめるパワー地面」がないことでヒードラン入りに出すのを躊躇ってしまうことが多かったため、日本一決定戦時では「めざめるパワー地面」+オボンの実に変更。

この変更が見事に当たり、予選全選出かつ4勝1敗という安定感を見せてくれた。

 ニンフィア

ハイパーボイス めざめるパワー地面 でんこうせっか みきり @せいれいプレート / フェアリースキン
実数値:183-86-117-163-150-72
努力値:H100 A4 B252 C152 (C,D個体値30、S個体値31)
性格:れいせい

B : 177メガガルーラ『おやこあい』「すてみタックル」確定耐え
C : プレート「ハイパーボイス」で176-110までのメガボーマンダ確定1発
S : 最遅ヒードラン-1

物理耐久を大きく伸ばし、守れる選択肢まで用意したニンフィア。

眼鏡でないのにCをこんなに落としてもいいのかという不安はあったが、いざ使ってみると火力は十分で、打ち分けや守れる利点もあって非常に使いやすかった。

「めざめるパワー地面」自体はほぼ打たなかったが、持っているだけで選出立ち回りの両方の幅が広がると思い採用。

因みに対ヒードランの基本は相手が「みがわり」を押してくれるようものなら、こちらのメガガルーラの子供「けたぐり」圏内に入るまで「ハイパーボイス」を押し続けること。

つらいポケモン

バンギラス ギルガルド シュバルゴ

どれもトリックルーム運用されるとかなりキツいと思ってます。

おわりに

最後に、主催のmasaは本当にありがとう。

全国から人が集まることで会える人もたくさんいて、こういうイベントはすごい楽しい。

次回バトルロードグロリアの開催も楽しみですね。
 
 

ポケモン構築一覧