ポケットモンスター

【グロリア2016東北準優勝】バンドリマンダ with ジャローダラグラージ[全国ダブル]

ポケモン

│2016.10.3

【グロリア2016東北準優勝】バンドリマンダ with ジャローダラグラージ[全国ダブル]

成績

バトルロードグロリア2016東北準優勝

概要

初めまして。今回バトルロードグロリア東北予選で準優勝した構築の記事を書かせて頂きます、たいきと言う者です。

今回使用した構築ですが、ジャパンカップ2015で結果を残した人がいたことから急増した、バンギラス+ドリュウズ+ボーマンダ+ギルガルド+モロバレル+マリルリという構築をベースに、現環境に合わせて重いポケモンに対する対策を厚くしていきました。

結果的に、構築の内容的にも扱い方的にもだいぶ違うものにはなりましたが、いい結果を残すことができ満足しています。

具体的な各ポケモンの採用理由ですが、バンギラス+ドリュウズ+ボーマンダは構築のコンセプトとして確定。ガルーラに強くするために「どくどく」ギルガルドを採用。これは動かしやすくするために耐久に厚く振りました。次にミロカロスを始めとする水タイプに強くするためにジャローダを採用。そしてガルーラやその取り巻きに強く、「ワイドガード」で「ハイパーボイス」などの対策もできる「ゴツゴツメット」ラグラージを採用しました。

それではもう少し掘り下げた話と共に個別紹介をしていきます。

個別解説

バンギラス

技  : いわなだれ かみくだく けたぐり れいとうパンチ
持ち物: こだわりスカーフ
特性 : すなおこし
性格 : ようき
努力値: A252 D4 S252
実数値: 175-186-130-*-121-124

構築のコンセプトの1匹。選出率は中くらい。

非常に高スペックなポケモンで、『すなおこし』によってドリュウズの素早さを補助したり、相手の天候を書き換えたり、自身の特防を上げたりできる優秀なポケモンです。

持ち物は「こだわりスカーフ」を持たせて性格を陽気にすることで、少しでも相手の上を取っていきます。技構成はテンプレ。格闘ワザを撃つ際は連発したい場面も多かったため、「ばかぢから」ではなく「けたぐり」を選択しました。

このポケモンの役割は、削れた相手のお掃除役、もしくは優秀な耐性と数値を活かして有利な相手に受けだして、相手を削っていくことです。

ドリュウズ

技  : まもる じしん いわなだれ アイアンヘッド
持ち物: きあいのタスキ
特性 : すなかき
性格 : いじっぱり
努力値: A252 B4 S252
実数値: 185-205-81-*-85-140

構築のコンセプトの1匹。選出率は低い。

砂天候の時に素早さが2倍になるため、多くのポケモンを抜くことができます。しかしパーティの他のポケモンと弱点がかなり被るため、よっぽど活躍できそうな時にしか選出しません。

「いのちのたま」を、後述するジャローダが持っているため、持ち物は「きあいのタスキ」。「すなあらし」状態でないときに上を取られても保証が効くこと、火力が不足しないよう伸ばしたいことから、性格はいじっぱりとしています。

技構成はテンプレ。「ドリルライナー」という選択肢もありますが、「じしん」で困ったことはほとんどなく、ボーマンダと並べたときに全体攻撃できるのも強かったです。

このポケモンの役割は、刺さっている構築に対して選出し、「すなあらし」状態で上から制圧していくことです。「すなあらし」が切れた状態でも「きあいのタスキ」で行動が保証されているので、無天候でも扱いやすくなっています。ただ、「いのちのたま」を持たせていないので若干火力不足ではあります。このポケモンは選出率が低いので、別のポケモンに変更するのもありかもしれませんが、バンギラス+ドリュウズという並びが選出段階で相手に強い圧力をかけており、相手の選出を歪ませることもあります。そのためこのままでもいいかと思っています。

メガボーマンダ

技  : まもる ハイパーボイス すてみタックル かえんほうしゃ
持ち物: ボーマンダナイト
特性 : いかく→スカイスキン
性格 : むじゃき
努力値: A28 C228 S252
メガ前: 170-159-100-159-90-167
メガ後: 170-169-150-169-99-189

A : 「すてみタックル」で221-134モロバレルを確定1発
A : 「すてみタックル」で175-85メガサーナイトを確定1発
 

構築のコンセプトの1匹。基本的に全試合選出。

高い素早さと耐久力を持つため、安定して相手を削ることができ、バンギラス+ドリュウズとの相性補完にも優れています。

両刀型のため、性格はむじゃき。クレセリア等は特攻に多く努力値を割いていることが多く、下降補正をかけなくとも「れいとうビーム」を耐えることは難しいので、優秀な物理耐久よりも特殊耐久を諦めることとしました。

技構成は両刀型のテンプレである「ハイパーボイス」、「すてみタックル」、「まもる」、そしてこの構築唯一の炎打点として、命中安定の「かえんほうしゃ」を採用しています。

このポケモンの役割は、序盤の削り、終盤の掃除、『いかく』によるサポートなど様々。相手にミロカロスがいない限りほぼ先発で出していきます。

ギルガルド

技  : キングシールド シャドーボール どくどく みがわり
持ち物: たべのこし
特性 : バトルスイッチ
性格 : おだやか
努力値: H252 D244 S12
実数値: 167-*-170-70-221-82

D : 145ボルトロスの「10まんボルト」を身代わりが確定耐え
D : 200ヒードランの「ねっぷう」を「たべのこし」の回復1回込みで2発耐え
 

選出率は高め。

高い耐久力を活かして、「どくどく」や「みがわり」で相手を詰ませていきます。格闘や氷、フェアリーの受け先であり、「どくどく」のお陰でガルーラに滅法強いところも優秀です。ボーマンダが苦手なクレセリア、スイクン、ポリゴン2等の高耐久のポケモン対しても非常に有利です。

殴るより詰ませる戦い方をするので、性格は耐久力を重視しておだやか。持ち物は場持ちを良くするために「たべのこし」。

技構成はこういった型のギルガルドによくあるものになっていて、隙を見て張ることで苦手な相手にも強く出られる「みがわり」や、攻撃技には一貫性の高い「シャドーボール」を採用しています。

このポケモンの役割は、1つはギルガルドに有効打のないポケモンを最後に完封して勝利すること。1つは早めに「どくどく」を入れて削っていくことで、味方の攻撃圏内までHPを減らして倒しやすくすることです。例えば相手にクレセリアがいるとボーマンダを動かそうにも動かし辛いので、早めに「どくどく」で削っておくことでボーマンダでも倒せるように立ち回ります。

ジャローダ

技  : リーフストーム めざめるパワー地面 ちょうはつ まもる
持ち物: いのちのたま
特性 : あまのじゃく
性格 : おくびょう
努力値: C248 D8 S252 (H個体値29)
実数値: 149-*-115-126-116-181

C : 「リーフストーム」で197-120ニョロトノを確定1発
C : 「リーフストーム」で202-145ミロカロスを確定2発(166~198ダメージ)
C : 「リーフストーム」で181-120メガガルーラを確定2発(101~121ダメージ)
C : 「めざめるパワー地面」で198-126ヒードランを確定2発(120~146ダメージ)

この構築の独創的な枠その1。選出率は中くらい。

高いすばやさと優秀な特性+「リーフストーム」で、バンドリマンダを使うと重くなりがちな水タイプによく刺さります。最初は『まけんき』キリキザンや『かちき』ミロカロス対策としてキノガッサの採用を考えていましたが、実際はキリキザンはさほど重くなかったり、ミロカロスを攻撃する前にガルーラに倒されたりすることから、すばやさの高さ、耐久力で勝るジャローダの採用に至りました。

すばやさに性格補正をかけないと色々と抜けないので、臆病は確定。持ち物は絶妙な火力が出せる「いのちのたま」で、ダメージ効率を最小にするためにHP個体値を29まで下げています。

技構成は、「リーフストーム」と「まもる」までは即決。残り2枠はヒードランに打点を持てる「めざめるパワー地面」と、モロバレルやギルガルド、ドーブルなどを想定して「ちょうはつ」にしています。「めざめるパワー氷」ならボーマンダやランドロスに高打点を持てますが、そもそもボーマンダはメガシンカしたら上から殴られてしまう、ランドロスは「リーフストーム」で十分打点を持てるため必要ないと判断しました。特徴的な技として「へびにらみ」も覚えますが、この構築には元からすばやさの高いポケモンが多く、こちらもさほど必要ないと判断しました。

このポケモンの役割は、とにかく水タイプを倒すこと。あわよくば特攻を上昇させまくって数匹倒すこと。ほぼ「リーフストーム」しか撃ちません。

ラグラージ

技  : まもる だいちのちから れいとうビーム ワイドガード
持ち物: ゴツゴツメット
特性 : しめりけ
性格 : ひかえめ
努力値: H252 B28 C196 D28 S4
実数値: 207-*-114-143-114-81

B : 194メガガルーラの『おやこあい』「すてみタックル」耐え
 

この構築の独創的な枠その2。選出率は高め。特攻を11n(最大効率)にし、余りは特防に振っています。

優秀なタイプでボルトロスやランドロス、ヒードラン等に非常に強いため、それらがよく入っているガルーラ入りの構築に対して更に強くなります。「ワイドガード」でのサポートもできるため、ガルーラ以外の構築相手でもよく活躍してくれます。

腐らない程度に火力を出すために性格はひかえめ。「ゴツゴツメット」を持たせることでガルーラを大きく削ったり、「きあいのタスキ」を潰したりすることができます。最初はオボンのみの採用も考えていましたが、ボーマンダの『いかく』のお陰もあり、「オボンのみ」がなくても意外と攻撃を耐えるので、「ゴツゴツメット」で正解だと思います。

技構成はボルトロスやランドロス対策の「れいとうビーム」、ヒードラン対策でもありタイプ一致技でもある「だいちのちから」、「ハイパーボイス」や「いわなだれ」、「こごえるかぜ」などを防ぐための優秀なサポート技である「ワイドガード」、安定の「まもる」。

このポケモンの役割は、相手をちまちま削ったり、「ワイドガード」でサポートをしたりすることです。比較的このポケモンのタイプと技はよく刺さるので、いい仕事をしてくれることが多いです。

前述したギルガルドも「ワイドガード」を覚えるポケモンですが、「どくどく」や「みがわり」を採用した型が強力であり、この構築にもマッチしていたため、「ワイドガード」を入れるスペースがありませんでした。するとギルガルドのフェアリータイプに対する打点も薄くなり、ニンフィアやメガサーナイトの処理が遅れてしまいます。「ワイドガード」がないので「ハイパーボイス」も防げません。そこで前述した通りガルーラ入りの構築に刺さる水地面というタイプのポケモンの中でも、「ワイドガード」を覚えるラグラージを採用することで解決しました。

選出

よくある構築に対する代表的な選出パターンをいくつか紹介します。

vs ガルーラスタン

先発 ボーマンダ+ラグラージ
後発 ギルガルド+バンギラス

うまくサイクルを回して戦っていきます。立ち回り勝負ですが比較的こちらが有利。

vs ガルーラスタン(水タイプ入り)

先発 ボーマンダorラグラージ+ジャローダ
後発 ボーマンダorラグラージ+ギルガルド

水タイプをジャローダか「どくどく」ギルガルドで処理し、それ以外は通常のガルーラスタンと同様に立ち回ります。

vs サーナイト+モロバレル

先発 ボーマンダ、ラグラージ、ギルガルドから2匹
後発 ボーマンダ、ラグラージ、ギルガルド、バンギラスから2匹

(水タイプ入りなどには、先発・後発共にジャローダも候補)

相手の取り巻きによって柔軟な選出と立ち回りをします。

vs リザードン

先発 ボーマンダ+ラグラージ
後発 バンギラス+ドリュウズ

リザードンがメガシンカしてから、うまくバンギラスを出して天候を取ります。比較的こちらが有利。

vs バンギラス+ドリュウズ+ボーマンダ

先発 ボーマンダ+ギルガルド
後発 ラグラージ+ジャローダ

ミラーなので立ち回り勝負になります。相手のボーマンダが「りゅうせいぐん」を持っている可能性に注意。

vs エルフーン+テラキオン

先発 ボーマンダ+バンギラス
後発 相手の取り巻き次第

エルフーン+テラキオンの先発を対策するなら上記の出し方で良いですが、この構築に対してその先発で来るかといったら怪しいです。実際東北オフの決勝トーナメントでエルフーン+テラキオン入りの構築と当たったときも違う先発を出されたので、あえてこちらも違う出し方をするのも大いにありだと思います。

vs 雨

先発 ボーマンダ+ジャローダ
後発 バンギラス+相手の取り巻き次第

バンギラスでうまく天候を取りつつ、ジャローダやボーマンダで制圧していきます。
 

関連動画

グロリア2016東北大会決勝戦 たいきvsあさぎ

ガチリスト☞ ポケモン(VGC2015/VGC2016/リトル/マルチ)/東京女子流/C言語/カラオケ/maimai/中学11年生/bananar/しろっぷ/S10総合49位/ぽちゃオフスタッフ/同盟オフスタッフ Twitter→@Infinity_Ju

PICKUP -人気の記事-

シングルをやったことがある人向け WCSルール・ダブルバトルのはじめ方【初心者向け】
シングルをやったことがある人向け WCSルール・ダブルバトルのはじめ方【初心者向け】 2017.04.14
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ 2016.11.24
ポケモン英語⇔日本語変換 - サンムーン対応
ポケモン英語⇔日本語変換 - サンムーン対応 2016.07.31
「カプ・コケコ(カプコケコ)」の基本データと調整例(育成論)※4月2日眼鏡エレキボール型、とつげきチョッキ型更新
「カプ・コケコ(カプコケコ)」の基本データと調整例(育成論)※4月2日眼鏡エレキボール型、とつげきチョッキ型更新 2017.04.02
サンムーン孵化効率検証。最速孵化はどの走り方か
サンムーン孵化効率検証。最速孵化はどの走り方か 2016.11.21
Wolfe、オーガレックの新境地 - 構築作成の流れ -
Wolfe、オーガレックの新境地 - 構築作成の流れ - 2016.08.24
ポケモン サン・ムーン Zワザまとめ(仕様・Z技威力一覧・Z変化ワザ効果一覧・Zワザモーション)
ポケモン サン・ムーン Zワザまとめ(仕様・Z技威力一覧・Z変化ワザ効果一覧・Zワザモーション) 2016.11.18
[Korean League]韓国代表選抜戦まとめ
[Korean League]韓国代表選抜戦まとめ 2017.05.07
【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017]
【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017] 2017.01.02
【ロンドン国際大会13位】滅びブルル[VGC2017]
【ロンドン国際大会13位】滅びブルル[VGC2017] 2017.01.10

LINEUP -ラインナップ-