お知らせ

JCS2016予選・全国大会使用構築〜ゼルネオーガ〜[VGC2016]

お知らせ

│2016.2.1

JCS2016予選・全国大会使用構築〜ゼルネオーガ〜[VGC2016]

はじめまして、VGCルールを中心にポケモンをしているテルと申します。

今回はじめて構築記事を書くので至らない点あると思いますが、最後まで読んでいただけたら嬉しいです!

JCSオンライン予選(ベスト32)、JCS本戦(0-3)で使用したゼルネオーガの構築紹介記事です。オンライン予選と本戦で一部変更点がありますが、ほとんど同じなので成績の良かったほうのオンライン予選での使用構築をメインで書きつつ後半に予選と本戦で変更した部分を書いていきたいと思います。

 

個別解説

努力値はすべて理想個体で計算してあります。

 ゼルネアス

ムーンフォース マジカルシャイン ジオコントロール まもる @パワフルハーブ / フェアリーオーラ
実数値:205-*-118-175-121-166
努力値:H28 B20 C188 D20 S252
性格:おくびょう

B : 準特化メガレックウザの珠「ガリョウテンセイ」確定耐え
D : 特化カイオーガ(スカーフ)の雨「しおふき」最大乱数以外耐え

伝説1枠目。このポケモンがGSにおいて最も強いと思ったことからまず伝説1匹目を選びました。ジオコントロール後の制圧力はピカイチで不利対面を一気にひっくり返してくれるためジオコン型です。技は特性の恩恵を受けたいためテンプレの4つ。

配分についてですが、若干耐久に回して最速、残りCとなっています。これ以上Cを削ってしまうとCSベースゼルネアスをムンフォで確2に出来なくなってしまうためこれが限界です。HCといった耐久に大きく努力値を割いた型も存在しますが、臆病噴火グラードンより先にジオコンを積める、また相手のゼルネアスより先に動きムンフォを当てられる・ジオコンを積める可能性、ドーブルより早くしておきたい(これはひかえめでもできますが)ということを考えて最速にしました。

 ゲンシカイオーガ

しおふき れいとうビーム かみなり まもる @あいいろのたま / あめふらし→はじまりのうみ
ゲンシカイキ前:205-*-124-198-161-121
ゲンシカイキ後:205-*-124-231-181-121
努力値:H236 B108 C76 D4 S84
性格:ひかえめ

H : 満タン手助けダブルダメ雨「しおふき」+手助け「かみなり」でジオコン後H4ゼルネアス高乱数
B : 準特化メガレックウザの鉢巻「ガリョウテンセイ」耐え(43.7%)
B : 特化ナットレイの「パワーウィップ」を乱数上2つ以外耐え
S : 追い風下で最速スカーフ霊獣ランドロス+4

伝説2枠目。HとBに大きく努力値を割いても雨さえ降っていればHPが25%ほどのダブルダメ潮吹きで大抵のゲンシグラを落とせる点、4倍弱点がないため即死しにくい点に魅力を感じたため採用。

技が少し珍しくなっていると思います。安定した命中と高火力を兼ね備えた潮吹き、vsカイオーガに強くなれる雷、レックウザや草タイプへの最低限の打点として冷凍ビーム、HP管理が必須のポケモンなので守る、となり根源の入る枠はありませんでした。基本的に後発から出すことが多いのでHP管理がしっかりできることから根源に頼らないといけない場面が少なく、また命中不安に頼るプレイングをしたくなかったので潮吹きを優先させました。根源がなくても問題ないどころかパーティに安定感が生まれたと感じています。

配分についてですがHBベースでトリックルームを貼るパーティにしては多めに素早さに割いています。トリックルーム下では基本起動役のクレセリアが生き残っているのでスキルスワップでカイオーガの特性を浮遊にして断崖をスカせるのでSを遅く設定する必要はないです。またここまで速くしていると基本CS以外のカイオーガには抜かれることがなく同速になることもないのでトリルをしなくても恐れることなく立ち回ることが出来ます。

Bについては遭遇頻度は少ないけど当たった時困る鉢巻レックに対してもワンチャン残したい願望から中途半端に振ってあります。

 メガガルーラ

やつあたり ふいうち ほのおのパンチ ねこだまし @ガルーラナイト / せいしんりょく→おやこあい
メガシンカ前:181-147-100-*-100-156
メガシンカ後:181-177-120-*-120-167
努力値:H4 A252 S252
性格:ようき

メガ枠。グラカイゼルネイベルを上から安定して殴れるポケモンとして採用しました。最初は捨て身にしていましたが天候を取らないとグラードンに勝てないため過労死を防ぐためやつあたりに。また地雷枠としてどうしてもゼルネオーガ構築が重くなりがちなナットレイ、クチート、ハッサムなどの鋼ピンポイントで炎のパンチを採用しています。全く警戒されないので異常なほど刺さりました。ゴーストへの最低限の打点としても機能してくれたのでなかなか便利だったと思います。

配分は最速と火力が欲しいためASぶっぱ。

精神力なのはガルガル猫してくる甘えを許さないためです。

 ファイアロー

ブレイブバード おいかぜ ちょうはつ おにび @あおぞらプレート / はやてのつばさ
実数値:154-133-91-*-89-195
努力値:H4 A252 S252
性格:ようき

A : 「ブレイブバード」でH4メガガルーラ確定2発
A : 「ブレイブバード」でH4ゼルネアス乱数2発(75%)

鬼火がワンポイントのプチ地雷枠。鋼を見てほしいため採用しましたがナットレイに対してこいつを出すとあからさまにフレドラを撃ちに来ましたと言っているようなものなのでナットの横にカイオーガを交代出しされても役割を遂行できるよう鬼火にしました(たまに知らない人がいますが鬼火は大雨下でも使えます)。この鬼火が非常に便利でガルーラのけたぐりからガルーラを守ったり自身も捨て身を耐えるようになるので非常に強力でした。GSは特にカイオーガを使う場合1匹をいかに長く生き残して天候を取れるかのゲームなので確定数を大きくズラすサポート技として使い勝手が良かったです。ファスガも入れたかったのですが他に切れる技がないので上の4つになりました。

配分についてですが、エルフーンに対して上からブレバを撃ちたかったので最速です。意地っ張りの方が多いファイアローに対して上からブレバを撃てるのも偉い。

持ち物についてですが最初はラムのみで使っていたものの発動することがあまり無かったのでプレートにしました。珠はスリップダメージが嫌いなので見送りです。どうしてもダクホがウザいならラムでいいと思います。

 クレセリア

サイコキネシス トリックルーム スキルスワップ てだすけ @オボンのみ / ふゆう
実数値:224-*-156-95-187-84
努力値:H228 B124 D156
性格:なまいき

H : オボンの実回復量最大(「いかりのまえば」でオボンのみ発動)
S : 最遅90族-1

トリル起動要員にクレセリアを選びました。高耐久を活かして中盤~終盤でトリックルームを貼りにきます。そのトリル下でカイオーガを断崖から保護するためにスキルスワップ。クチートの力持ちやガルーラの親子愛なども奪えるのでとても強かったです。手助けは潮吹きなどでジオコン後のゼルネやナットレイ、モロバレルをゴリ押しする時とても役に立ち、HPが少し削れた後も潮吹きの火力を取り戻せるので有用でした。最後に攻撃技ですが、レックウザやボーマンダに攻撃する機会が少なくグラードンやカイオーガに対して撃つことの方が圧倒的に多かったのでサイコキネシスにしました。一応クロバットモロバレルに一致抜群をとれます。

例外なく後発なので挑発持ちを先発に倒しておいてもらうことでメンハである必要をなくしています。

配分についてですがDに少し多めに努力値を割いています。ムーンフォースや潮吹き噴火をできるだけ耐えてほしいと思ったためですが、振りすぎて+2マジカルシャインでオボンが発動せずそのあと+2ムンフォで落とされるということをよくされていたので改良の余地ありかもです。それでもDに多く割いたのとオボンを持ってるおかげもあって+2ムンフォと捨て身を耐えてくれるので適当に振ったものですがこのまま使い続けています。Sは84安定だと思います。トリル下で相手のクレセリアのスキスワより後にスキスワを決めなくてはいけない場面がたまにあるので妥協できない数値です。

 モロバレル

くさむすび キノコのほうし いかりのこな まもる @メンタルハーブ / さいせいりょく
実数値:219-*-99-105-138-31
努力値:H236 B68 D204
性格:なまいき

H : 再生力回復効率最大
B : 特化メガガルーラの捨て身タックル確定耐え
S : 最遅

トリルをしてきそうなパーティに対してやゼルネアスのジオコンをサポートするポケモンとして採用しました。しかし晴れを取られるとカイオーガもモロバレルも何もすることができず倒されてしまうためあまり使いたくなかったのですが他に良いポケモンが見つからなかったので仕方なく入ってきたポケモンです。

代名詞であるキノコの胞子と怒りの粉は確定。粉と守るの択を押し付けたい、メンハを上手く活かしたいため守る。最後に予想以上の火力を見せてくれる草結びです。クリアスモッグ打つくらいならキノコの胞子打った方が強いと判断しました。おさきにどうぞも同じ理由で見送りです。

カイオーガとゼルネアスに対して強くしたいと思いDに厚く振っていますが結局冷凍ビーム2発で落とされてしまうので無意味感を覚えながらもメガゲンガーのヘド爆を2発耐えることもあり踏ん切りがつかないままHDで使い続けていました。バコウを持たずにプレートブレバを耐えてきたモロバレルに遭遇した時は天才すぎると思ったのでそれでもいいかもしれません。

持ち物についてですが、ずっとバコウのほうが強いと今でも思いながらもまだ有用な使い方が分からず、バコウよりは勝ちに直結しやすいメンタルハーブを持たせています。

選出と立ち回り

ドーブルだけでも行動パターンが多すぎるのでざっくりですが、基本選出は大きく分けて3パターンあります。

がいるとき

初手

がいなくてがいるとき

初手
がいなくてもいないとき

初手 (or)

パーティによって多少変化しますがだいたいこんな感じで選出していました。

初手で相手のドーブルなどを妨害しつつトリルをしたい場合は挑発持ちを先に倒しておき、最後に追い風orトリル下でカイオーガに暴れてもらって勝ちというパターンがほとんどです。モロバレルは相手がトリルを貼りそうな時にクレセリアの代わりとして出していました。

以上でJCS2016オンライン予選の構築紹介を終わりにしたいと思います。

JCS本戦で使ったパーティ

次にJCS本戦で使ったパーティについてです。0勝3敗と残念な成績でしたが見ていただけたらうれしいです。

こちらは簡単にオンライン予選との変更点だけ書きます。動かし方はほとんど変わりありません。

JCSオンライン予選

JCS本戦

ポケモンはクレセリアからドータクンにしました。

またファイアローの鬼火を守るに。

変更点はこの2点だけです。

ファイアローに守るをいれたのは公開マッチ戦を意識したからです(予選勝ち抜けませんでしたが・・・)。

ドータクンにしたのは代表戦ではゼルネアスを使ってくる人が多くなるだろうと予想したからです。処理ルートを1つ増やせるのはとても大きく試運転した時もなかなか使い勝手がよかったのでそのまま本番に臨みました。

 ドータクン

ジャイロボール トリックルーム スキルスワップ しんぴのまもり @オボンのみ / ふゆう
実数値:174-143-136-*-148-34
努力値:H252 A164 D92
性格:ゆうかん

H : 偶数(「いかりのまえば」でオボンのみ発動)
A : 「ジャイロボール(威力150)」で準特化珠レックウザの「ガリョウテンセイ」耐えゼルネアスを確1
D : C231(ひかえめC76振り)ゲンシカイオーガの満タン雨ダブルダメ「しおふき」を最大乱数以外耐え
S : 最遅

クレセリアと違いゼルネアスに役割を持てることから採用しました。クレセリアと同じ動かし方をしたかったので浮遊です。ラムのみもメンタルハーブもほとんど発動することがなかったためオボンの実を持たせました。

技は説明不要のジャイロボールとトリックルーム。スキルスワップはトリル下でカイオーガを動かすため。神秘の守りはトリルをしたあと待ってましたとばかりに出てくる遅いドーブルに屈しないために入れました。代表戦で多いだろう遅いドーブルに対応するために神秘をトリル下で素早く貼れるところもドータクンを採用した理由の1つです。

長い記事でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました!間違い、不明な点、質問などありましたらtwitter(@terupoke9)でお願いします。

おまけ

実はオンライン予選のモロバレルがクチートになった構築があんぐらオフ3位、DEXオフ2位になったパーティです(カイオーガの雷は根源、ガルーラのやつあたりが捨て身でした、それ以外は同じです)。

一応クチートの詳細も載せておきます。

 メガクチート

アイアンヘッド じゃれつく ふいうち ほのおのキバ @クチートナイト / いかく→ちからもち
メガシンカ前:157-133-105-*-92-49
メガシンカ後:205-155-145-*-132-49
努力値:H252 A124 D132
性格:ゆうかん

D : 特化ゲンシカイオーガの雨ダブルダメ「こんげんのはどう」確定耐え
S : 最遅

守らないクチートです。アイへじゃれ不意打ちはテンプレで最後にクチートが守りたい状況では守ってもその状況が改善されることが少なかったため代わりに鋼を見るために炎の牙を採用しました。

配分はテンプレだと思います。根源を耐えられると横のポケモンに適当にダメージ入れてもらえば潮吹きも耐えるのでじゃれつくを撃ちに行けます。フェアリーオーラじゃれつくの火力はGSでもトップクラスなので試してみてください。

最遅なのはトリル下で暴れてほしかったからです。

クチートをモロバレルに変えたのですがその理由として、グラードンに何もできないのがあまりにもツラすぎたことが1番の理由になります。オーラじゃれつくは癖になる火力でしたがそれだけしか取り柄がなかったように感じたので、グラカイにも出しやすくゼルネアスのサポートもできるモロバレルに変更しました。
 
 

ポケモン構築一覧

VGC

おすすめの記事

    None Found

PICKUP -人気の記事-

アナログTCGデュエルマスターズの取り扱いを開始します。
アナログTCGデュエルマスターズの取り扱いを開始します。 2017.03.23
メルマガ会員(β版)募集中
メルマガ会員(β版)募集中 2017.01.24
We are launching a e-mail magazine service (Beta version)
We are launching a e-mail magazine service (Beta version) 2000.01.10
JCS2016予選・全国大会使用構築〜ゼルネオーガ〜[VGC2016]
JCS2016予選・全国大会使用構築〜ゼルネオーガ〜[VGC2016] 2016.02.01
ごあいさつ
ごあいさつ 2016.06.25
【Under Night In-Birth担当】ご挨拶
【Under Night In-Birth担当】ご挨拶 2016.08.10
NX改め次世代機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」PV公開 eスポーツシーンを示唆
NX改め次世代機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」PV公開 eスポーツシーンを示唆 2016.10.21

LINEUP -ラインナップ-