ポケットモンスター

シンオウダービーランク付け

ポケモン

│2016.7.21

ランクを書く前に環境について簡単に書きます。

現在は雨(ニョロルンパ及びそれにグドラやカプトプスを足した形)が最も強いと判断されており、次点で太鼓マリルリ軸の構築、クレセ絡みのスタン(スイッチ含む)が雨等への対抗策として検討されるのが大方の見方です。

さらに各構築に対して柔軟な動きが発揮できるサンダーとウインディがかなり幅を効かせており、ハッサムはルンパとクレセに圧倒的に強い事からサンダーとウインディに常に睨みを効かされつつも比較的高い使用率を誇ります。

他のルールと比べても雨が流行っている事と合わせて非常に先制技が強力です。よく考えて構築を練りつつ、プレイングミスが許されないルールとなります。

A

マニューラ ウインディ サンダー ニョロ ルンパ ハッサム(A-)

対策必須。場を整えつつ圧倒的な縛り性能を発揮するので確実にマウントを取れる先発を用意しなければ相手のペースのまま試合を終わらされてしまうが、実はマウントを取ろうが最低限の仕事はする制限カード級のポケモン。

B

キングドラ マリルリ カビゴン メタグロス ライコウ カポエラー クレセリア

Aランクよりは問答無用に仕事をするわけではないので差別化したが高採用率or非常に強いポケモンである。個人的注目ポケモンは雨への対抗策となるカビゴン。

C

ドーブル トゲキッス バシャーモ ガブリアス カブトプス ゲンガー ユキノオー キュウコン エンテイ

上位ポケモン・構築に対してのメタになれるポケモン+動きにくいがメタの関係もあって強いポケモン等が入った。このルールでドーブルを無視するのは絶対にダメ。

D

水ロトム ドグロッグ トドン ココドラ サーナイト ケンタロス キノガッサ ドサイドン ライチュウ パチリス ムクホーク ラティオス ライボルト ポリゴン2 ポリゴンZ ラプラス リザードン

ワンチャンがあると判断されうるポケモン達。ラティオスが低すぎではないかという意見があるが、A・Bの面子を見ると動きにくい事が判断できると思う。(こいつが採用に値する理由はこのルールでははっきり言って1つしか存在しないと思っている)。水ロトムはルンパが多すぎて雨メタとして考えられるノオーに弱いのとタイプ被りが懸念。

京都大学ポケモンサークル所属。カマルオフスタッフ。トップメタを使ったミラーゲームをすることを避け、それを独創的なアイデアで対策することで勝利を重ねるスタイルを取っている。趣味はスポーツ観戦。WCS2015Day2、バトルロードグロリア2015日本一決定戦出場。

おすすめの記事

    None Found

PICKUP -人気の記事-

【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017]
【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017] 2017.01.02
【シェフィールド地区大会5位】OztekinポリZドーブルギガイアス[VGC2017]
【シェフィールド地区大会5位】OztekinポリZドーブルギガイアス[VGC2017] 2017.04.23
【ONOGインビテーショナル使用/DEXオフ優勝】Sejun ”60%
【ONOGインビテーショナル使用/DEXオフ優勝】Sejun ”60%"テテフライド [VGC2017] 2017.04.18
【メルボルン国際大会優勝】Zoe Louテテフライド[VGC2017]
【メルボルン国際大会優勝】Zoe Louテテフライド[VGC2017] 2017.04.10
【4月23日更新】WCSルール構築一覧
【4月23日更新】WCSルール構築一覧 2016.08.05
サンパウロ国際大会の決勝トーナメント進出者8名が確定
サンパウロ国際大会の決勝トーナメント進出者8名が確定 2017.04.22
サンパウロ国際大会プレビュー!オセアニア大会決勝トーナメント進出などの構築5つ紹介
サンパウロ国際大会プレビュー!オセアニア大会決勝トーナメント進出などの構築5つ紹介 2017.04.20
「カミツルギ」の基本データと調整例(育成論)※4月21日チョッキ型、襷型、スカーフ型、クサZ型、カクトウZ型更新
「カミツルギ」の基本データと調整例(育成論)※4月21日チョッキ型、襷型、スカーフ型、クサZ型、カクトウZ型更新 2017.04.21
【ポケモン】ゲーム実況者最強決定戦の予選が4月23日18時~配信 優勝者はWCS世界大会招待
【ポケモン】ゲーム実況者最強決定戦の予選が4月23日18時~配信 優勝者はWCS世界大会招待 2017.04.18
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ 2016.11.24

LINEUP -ラインナップ-