switchスイッチ バスケ漫画 35話ネタバレと感想ー赤羽の赤鬼マークー

週刊少年サンデー

2018年12月26日発売の「週刊少年サンデー」4・5合併号掲載の最新話。

switchの最新話(第35話)を読みました!

ネタバレ、あらすじ、感想をまとめてみました。

 

switchスイッチ 第34話 あらすじ

前回のswitchスイッチ 第34話あらすじはこちらで確認できますよ。

switchスイッチ バスケ漫画 34話ネタバレと感想ー桃馬吹っ切れるー
2018年12月12日発売の「週刊少年サンデー」2・3合併号掲載の最新話。 switchの最新話(第34話)を読みました。 ネタバレ、あらすじ、感想をまとめて...

 

switchスイッチ 第35話 ネタバレ&あらすじ

主将の黒宮は練習試合に姿を現さなかった。

黒宮のファンである女子生徒、優衣香と遊びに出かける。

しかし、どことなく心ここにあらず、な感じの黒宮である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

檜葉山学園VS桜仙の練習試合は、桜仙リードで続いていた。

東京都2位の檜葉山学園相手にリードしているなんてすごいと騒ぐデカ美たち。

 

桃馬はすっかり自分のリズムを取り戻し、独自のリズムでデフェンスをかわしていく。

そしてシュートをきめる。

 

やるな13番。何者だ、あの13番。

そんな声がギャラリーから聞こえてくる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

傍から見れば桃馬一人で勝っているように見えるが、それは違った。

桜仙の二年生、赤羽のマークで檜葉山学園のエース橙矢をおさえられていることも大きかった。

 

赤羽は主将である黒宮の役に立ちたくてディフェンス力を磨いていた。

きっと黒宮は練習試合に来てくれる、そのときまで喰らいつく!

そう思って頑張る赤羽なのだった。

 

檜葉山学園のキャプテンは、桃馬が調子を戻したのは予想外だったが、それならそれでうちはエース橙矢を使えばいい、そう思って橙矢にパスをまわす。

ボールにうまく回転をつけて、赤羽をかわしてパスをまわす檜葉山学園。

しかし赤羽は瞬発力でカバーし見事パスをカットしてシュートにもちこむ。

 

パスは一本たりとも通さない!

赤羽の鬼のような、「赤鬼マーク」である。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

檜葉山学園のエース橙矢はなんとか赤羽をかわそうとするも、なかなか赤鬼マークをかわすことができない。

それならば・・・、

と橙矢は赤羽の体に触れ、手で赤羽の動きを予測しようと試みる。

見事橙矢の予想は当たり、ついに橙矢にパスがまわる。

ボールを持つ橙矢を目の前にし、絶対止めると意気込む赤羽。

しかし、さすがエースの動きはふり幅が大きく、赤羽は動きについていけない。

あっさり橙矢に3Pシュートをきめられ、2点差まで追い上げられてしまう。

 

これが東京都2位のエースの実力なのか・・・。

なおさら橙矢にはボールを持たせるわけにはいかない!

そう決心する赤羽だった。

 

switchスイッチ 第35話の感想

今回は、雷夢でも桃馬でもなく、二年生レギュラーの赤羽の回でしたね。

二年生でレギュラー、PGってことは、オフェンス能力もきっと高いだろうに、目立たないディフェンスに力を入れるなんて素晴らしい選手ですよね。

主将黒宮を相当尊敬しているのでしょうか。

 

練習試合なのにそんな熱い思いで挑めるなんてすごいですよね。

私は、中学時代のバスケ部の練習試合のことなんてほとんど覚えていません・・・。

勝ったとか負けたとか、練習試合ではあまりこだわっていなかったような・・・。

あ、だからいつまでも弱小チームだったんですかね(笑)

ひとつひとつ、この漫画のように真剣に取り組んでいたら結果も違ったのかなーなんて、大人になってから思ってしまいますね(泣)

 

次回は、このまま強豪・檜葉山学園の反撃を許してしまうんでしょうか!

それとも赤鬼マークがさらにパワーアップするんでしょうか。

そして、主将黒宮は赤羽の期待通り練習試合に来るんでしょうか。

次回も楽しみですね~。

 

switch スイッチ ネタバレ一覧

switchネタバレ一覧はこちらにまとめてあります。

→ switchネタバレ一覧はこちらです。

 

無料ですぐにマンガを読む方法!


やっぱり絵つきでマンガを読みたい!

でもお金がもったいない・・・。

そんなあなた! 無料でマンガを読む方法があるのを知ってますか?

 
「music.jp」や「U-NEXT」に登録をすると、無料でポイントがもらえるんです!

 

【1】music.jp


music.jpは音楽だけじゃない!
動画も専門チャンネルも、そしてマンガも楽しめる総合エンタメサイトです。

無料お試し期間(30日間)は、
マンガや音楽に961ポイント、+動画に1500ポイント
使えます。

1ポイント=1円相当です。

 

【2】U-NEXT


U-NEXTは国内最大級の動画配信サービスです。が!
動画だけじゃない!

電子書籍も読めちゃいます。

無料お試し期間(31日間)は、
600円分のポイント、使えます。
 

 

 
  『music.jp』も『U-NEXT』も、通常は有料のサービスです。

 
ですが、どちらも無料お試し期間があり、会員登録をすると無料でポイントがもらえます

 
無料期間内に解約すれば料金は一切かからず、実質無料でマンガを読むことができちゃいます

 
私もせっかくなので無料登録して、ずっと読みたいと思っていたマンガと、ついでに見逃していたドラマも見まくりました(笑)!!!

せっかくなので使わないともったいない!

ポイントを使って、あなたも無料でマンガを読んじゃいましょう。

 
⇒ music.jpでポイントをもらう

⇒ U-NEXTでポイントをもらう