もういっぽん 第10話ネタバレと感想ー早苗緊張高まる!?ー

週刊少年チャンピオン

2018年12月27日発売の「週刊少年チャンピオン」4+5号掲載の最新話。

もういっぽんの最新話(第10話)を読みました。

ネタバレ、あらすじ、感想をまとめてみましたよ。

 

もういっぽん 第9話 おさらい

もういっぽん 第9話のおさらいはこちらをどうぞ。

もういっぽん 第9話ネタバレと感想ーインターハイ予選直前ー
2018年12月13日発売の「週刊少年チャンピオン」2+3号掲載の最新話。 もういっぽんの最新話(第9話)を読みました。 ネタバレ、あらすじ、感想をまとめてみ...

 

もういっぽん 第10話 ネタバレ&あらすじ

 

インターハイ予選埼玉大会がスタートした。

会場では、霞ヶ丘高校が試合を行っている。

霞ヶ丘高校は、永遠の中学時代の因縁の!?先輩、恵梨香がいる高校である。

 

次戦の未知たちはウォーミングアップをしながら、会場の試合に目をやる。

 

霞ヶ丘高校先鋒の妹尾が相手を投げて一本を取る。

去年から急に強くなってきた霞ヶ丘高校、その原動力、大黒柱は恵梨香である。

霞ヶ丘高校は、続く中堅の恵梨香もその後の大将も一本を取り、完勝する。

特に恵梨香は個人戦でのインターハイ出場もあるのではないか、というくらいの強さである。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

次はいよいよ未知たちの初陣である。

未知は気合を入れて畳の上に向かうが、さっきからずっと緊張で硬くなっている早苗は、畳の段差につまづいて転んでしまう。

相手選手(三島商業高校)が、やたらと強く見える。

緊張のあまり立ち上がれない早苗。

 

 

そのとき、未知が、しっかりしろ早苗!とおしりを叩いてきた。

早苗は責任感の鬼。

自分から誘った柔道部だから、きっと絶対に負けられないとか思っているのだ。

気楽に行こう、早苗が負けたって1年前とは違って3人いるから取り戻せる。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

早苗は少し緊張がほぐれたようだ。

顧問の夏目先生が言う、大黒柱を得て強くなったのは霞ヶ丘だけではない。

 

早苗はあのときの言葉をもう一度未知に言う。

「もっかいやらない?」

青西~~~!!! ファイっ オオーーー!!

いよいよ先鋒戦が始まります。

 

もういっぽん 第10話の感想

前回からの続きで、トイレばっかり行ってた早苗がさらに緊張しまくりでしたね。

畳につまづく前から、ガチンガチンに固まっている早苗の表情が何回も見られました。

早苗は責任感の強い、優等生タイプって感じですもんね・・・。

 

中学時代と違って3人で団体戦に挑めるのはかなり心強いですね。

2人だと、1人が負けたら終わりですもんね・・・。

 

さてさて、未知たちはどんな戦いを見せてくれるんでしょうか!

次回が楽しみですね~