アオアシ 第162話 ネタバレと感想ー嵌めてこい!!!ー

ビッグコミックスピリッツ

アオアシ最新話(第162話)。

2019年1月7日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」6号掲載。

ネタバレ、あらしじ、感想をまとめました。

 

アオアシ 第162話 ネタバレ&あらすじ

ハーフターム。

福田監督がアシトら守備陣に言う。

 

無理に取りに行くな。相手にボールを持たせろ。

奪う地点をあらかじめ決めておいて、わざとその地点に誘引させる。

ポイントに誘い出すまでは無理にボールを取りに行かない、と。

 

「守る」というより「攻撃の準備」という意識だ。

 

この一連の流れを・・・、

「嵌める」

と言う・・・。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アシトたちは、

自分たちには難易度が高すぎる・・・

化け物みたいな相手チームを嵌めるなんて、できる気がしない・・・

と、みな自信がなさそうである。

 

福田は、「このポイントで奪う」という意思を全員が共有して動けば必ずできる、と言う。

そして、これができればお前たちのサッカー観がひっくり返り、次のステージに行けると!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

後半開始。

アシトは福田の言うとおり相手のボールを奪うことに成功する。

小早川がアシトの意図を察してすごいスピードで突っ込んできてくれたからだ。

 

別の場面でも、

朝利が「松永さん、中に!」とポイントで指示を出し、ボールを奪いに行く。

しかし、ファールをとられてしまう。

松永は朝利に言う。

要求が軽すぎる、もっと二手三手先を指示してこい!と。

 

VANSのメンバーは、ボールは楽に回せるのに変な閉塞感があることに違和感を感じ始める。

 

「竹島、もっと中に!」

「馬場さん、そこで待ち構えて!」

「小早川さん、そのままスライド!」

意思を共有し合って動くエスペリオンイレブンたち。

 

福田監督の作戦、実行できてもおかしくない!

アシトはAチームのレベルの高さに身震いする。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

VANSはゴール前に辰巳がいると、辰巳のボールを集めすぎるきらいがある。

そこを読んだアシトと小早川は挟んでボールを奪う。

 

アシトの目の輝き、表情。

福田監督は思う。

これだけできたら守備も楽しいだろうな。

一番楽しいのは、アシトだろうなあ。

 

アオアシ 第162話の感想

ついに辰巳のボールを奪い、「嵌める」ことに成功したアシト。

福田の指示通り、みんなで意思を共有し合い、徐々にレベルが上がっていくところがとても良かったですね。

途中の身震いするアシト、そして最後のアシトの表情が特に良かったと思います。

楽しいんだろうなあ、充実感たっぷりなんだろうなあ。

 

やはり団体競技っていいですね。

みんなで力を合わせて感がすごくいい。

 

さて試合はこのままエスペリオンが優勢でいくのか。

VANSも策を出してくるのか。