湯神くんには友達がいない 第77話ネタバレと感想ー渡辺ナイス!ー

週刊少年サンデー

湯神くんには友達がいない 最新話(第77話)を読んだので、ネタバレと感想をまとめてみました。

2019年1月9日発売の「週刊少年サンデー」6号掲載です。

 

湯神くんには友達がいない 最新話(第77話)ネタバレ&あらすじ

私の友達・・・、みんなで悪く言わないで!!

ちひろは湯神くんのためにクラスメートの前で怒る。

クラスのみんなはシーンとし、ちひろは泣きだしてしまう。

 

八重樫は、渡辺くんのせいだ、渡辺くんが湯神くんの悪口を言うから、と非難する。

渡辺は他のクラスメートからも同様に非難されてしまう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そのとき湯神くんはというと、テレビで平楽の落語を楽しんでいた。

平楽はやっぱり最高だ。

 

学校では、今年も平楽の弟子、平太郎が来てくれることになっていた。

この学校の卒業生でもある。

湯神くんは平太郎の来校が楽しみで仕方ない。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

朝、百瀬が教室に入ると、なんだか不穏な空気が流れていた。

昨日の続きで、渡辺が悪者になったままなのだ。

 

悪く思った八重樫はみんなの前で渡辺に頭を下げ、他のみんなもそれを見て悪かったと反省する。

渡辺も湯神もいくら悪く言っても許される空気があって、ついボロカスに言われることがあるようだった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

一方、湯神くんはそんなクラスのごたごたにも気づかず、何事もなかったように過ごしている。

その姿が許せない百瀬は、湯神くんを呼び出して言うのであった。

ちひろちゃんはアンタを庇ったのよ!

しかし湯神くんは、なんで庇ったの?と不思議な様子。

それが友情というものよ!

百瀬は訴えるが、やはり湯神くんにはイマイチ響かない。

 

百瀬は湯神くんにわかってもらうために、アンタの大切にしている人が不当に扱われ貶められているところを想像してみて!と訴える。

湯神くんは平楽が真打昇進時にあった批判を思い出し、それは許せないと思う。

そして、庇ってくれたちひろのことを、いい人だな、と言う。

百瀬に、誠意を受けたなら真心で返さなくちゃ、と湯神は言われる。

それを受け、湯神はひとこと、

「紺屋高尾だな」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ちひろのところへ行き、百瀬に言われた通りに声をかけようとする湯神くん。

「おはよう」は言えたが、「ちひろちゃん」と下の名前で呼ぶことはなんかできない。

 

アイツ、下の名前も呼べないの!?

それを見た百瀬はヤキモキ。

そして、あの二人をフレンドリーにする!!と意気込む。

渡辺も、ギクシャクする湯神くんとちひろを見て、自分も一肌脱ごうと思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

平太郎がインフルエンザで来れなくなった代わりに、なんと平楽が急きょ来校してくれることになった。

湯神くんはガッツポーズで大喜び。

渡辺たちは落語会を利用して、湯神くんとちひろの仲をお膳立てしようと計画する。

 

平楽高座当日。

みんなの思惑通り、隣同志で座る湯神くんとちひろ。

2人の仲はどうなる!?

 

湯神くんには友達がいない 最新話(第77話)の感想

いや、ちひろちゃんは本当にいい子。優しい子ですね~。

なかなかみんなの前で誰かを庇ったりってできないですよね。

素晴らしいですわ。

 

他のクラスメートも、すぐ謝ったり、間違いを認めたり、本当いい子ばかりですね。

湯神くん、いいクラスで良かったなあ。

次回、2人の仲は深まるんでしょうか、どうなんでしょうか!