ダンスダンスダンスール ネタバレ最新113話~ただ、踊りたいだけ!by潤平~

ビッグコミックスピリッツ

ダンスダンスダンスールの最新話 第113話のネタバレと感想をご紹介します。

2019年1月22日発売の「ビッグコミックスピリッツ」8号に掲載中です。

 

前回、海咲に、

「思いつきで海外コンクールと天秤にかけとる奴らには負けへんわ。」

と宣戦布告された潤平。

今回のタイトルは「スクール講演会」編です。

 

※ここから先はダンスダンスダンスールの最新話 第113話のネタバレ&あらすじ、感想をご紹介しますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

ダンスダンスダンスール ネタバレ 最新113話

プロの団のによる『眠り』を観劇しながらも、さっき海咲から言われた言葉が離れない潤平。

「お前は、何が欲しいんや?」

 

たしかに自分は思いつきで動いてきた。

でもその都度、”いい!!”と思ってきたし、やらないで後悔するよりいいじゃないか。

 

それに、海咲の言う「生川に入団したいという熱望」というのもわかるが、

あの神聖な舞台にそういう個人の事情を持ち込むのは何か違うでしょ。

そう思う潤平でした。

 

横並びで『眠り』を見ている響と海咲は、振り付けやシーンの解釈、現実と虚構など、バレエについて自然と語り合っている。

特に響の語りは長く細かい。

一方、潤平はと言うと、身を乗り出して口を開け、公演に見入っています。

完全に入り込んでいる様子です。

 

潤平は海咲から言われた言葉の答えを探します。

「お前は、何が欲しいんや?」

そんなの・・・、踊りたいだけなんだけど・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

稽古中、潤平と夏姫のペアは”キラッキラ若さがまぶしくて好感が持てる”と言われる。

しかし、岩井先生からは、

「キラッキラが、たまにギラッギラして王子感が損なわれる。」

「村尾潤平がだだ漏れないように、自身を舞台に持ち込まないように。」

と言われてしまう。

 

アレ・・・?

そういうの、個人を舞台に持ち込もうとしてるのは、俺の方・・・?

岩井先生に言われたことで、そう潤平。

 

夏姫からも、

「目的持って動いていかないと、いくら才能があってもチャンスを逃してしまうよ?」

と潤平は言われてしまいます。

夏姫は潤平本人より潤平の将来を案じているようです。

 

潤平は夏姫に言います。

「自分がどこで学ぶとかよりも、お前との到達点の方が興味がある。」

 

やはり今の潤平にとって、

「お前は、何が欲しいんや?」に対する答えは、

ただ、踊りたい!だけ!!!なのです。

 

潤平の言葉に対し、夏姫も、

「・・わかるよ、私だって・・・」

と答えます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

!!!!!

そのとき、場の空気がサーっと変わります。

海咲と響のペアが踊っているのでした。

2人が手を取る瞬間、そこにいる全員が何かが起こる高揚を感じます。

その踊りはまさに『バレエ』でした。

 

踊っているのは海咲じゃない、デジレ王子なんだ!

ということに気づく潤平。

海咲と響ではなく、デジレ王子とオーロラ姫の踊りに魅了される潤平と夏姫なのでした。

 

ダンスダンスダンスール ネタバレ 最新113話を読んだ感想

海咲の言葉から自分はどうしたいかを考えた潤平。

ただ、踊りたいだけ!

でもそれだけではダメなことにも気づき始めた回でしたね。

バレエは、ただ、踊りたい!という自分の気持ちを表現するものではなく、役を演じるものなんですね。

これからどんどん潤平に心境の変化が現れるのでしょうか!?

 

次回、週刊少年サンデー第9号は、1月30日(水)発売予定です!

 

ダンスダンスダンスール 最新単行本 第12集 2月12日頃発売です!!