約束のネバーランド最新話 122話ネタバレ『ノーマンの策と対峙するエマの本音 』

少年ジャンプ

2019年2月9日(土)発売の少年ジャンプNo.11号から、

『約束のネバーランド』の最新話、第122話のネタバレと感想をご紹介します。

 

前回は、ノーマンとの再会を大いに喜び楽しい一夜を過ごしたエマたちだった。

約束のネバーランド 第121話おさらい

前回の約束のネバーランド第121話のあらすじは、こちらで確認できます。

約束のネバーランド第121話ネタバレ(ノーマンの目的は、農園をつぶして鬼を倒すこと)
2019年2月4日(月)発売の少年ジャンプNo.10号から、 『約束のネバーランド』の最新話、第121話<よかったね>のネタバレと感想をご紹介します。 約...

 

今回は、ノーマンの目的を聞いて眠りについた彼らの次の日から始まります。

※ここから先は、約束のネバーランド最新話 第122話のネタバレとなりますので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

約束のネバーランド最新話 第122話ネタバレ

ハッと目が覚めたエマ。

ベットから飛び出して食堂に駆け込んだ。

『ごめん寝坊した!』

 

他の子たちも照れくさそうに、

『えへへ。。。僕たちも。。。』

どうやらみんな寝坊したようだ。

オリバーだけが、一応何かあったら困るかなと思ってちゃんと起きていたようだったが、

エマの『起こしてくれたらよかったのに。』との言葉に『みんな気持ちよさそうだったから』と笑顔で答えた。

こんなゆっくり、安心して寝起きできたのはいつぶりだろう。。。

エマはベッドで寝た記憶がなかったのだが、ザックたちが運んでくれたようだった。

でも。。。ノーマンの姿はもうそこにはなかったようだ。

そのノーマンはペンをとり何かの書類に目を通していた。
こんこんと扉が開いて『おはよう ボス』と呼ばれた。

『おはよう ヴィンセント』と答えるノーマン。

『再会を楽しめたか?』と尋ねるヴィンセントに

『ウン、まぁねおかげさまで』と淡々と答えるノーマン。

いつものボスに戻ったようだ。

再会を果たしていつもと違うノーマンを見たかったと話すヴィンセントに、

『からかうな。無駄口はいい。計画の修正だ』

と言い放つ。

『道中量産農園に侵入したが、警備が強化されていて侵入が露見した』との報告に

人間の姿が見られ、鬼たちの間で明らかになったことが分かった。

その話にノーマンは、

『敵より先に手をうちたい

計画を少し早めよう

丁度急がなければならない理由もできた

この革命は無欠で勝利しなければならない

血を流させない食用児(なかま)の血はね』

そういって

「この手紙を 彼らに
急ぎ例の会談の手配を頼みたい 」

と手紙をヴィンセントに手渡した。

一方宿泊先でエマたちは洗濯物を干し、日常を送っていた。

エマがレイのそばを通りかかったとき、

『ノーマンの策ってどんなだろうな。』

レイがと話しかけてきた。

?となるエマに

『言ってたろ 気にならねぇ? 俺は気になる。』とレイは続けた。

エマはノーマンの策だからきっと大丈夫と答えた。

『「誰一人失わない未来」ってノーマンいってたし。。。』とエマはつづけていった。

その言葉にレイは、

『本当に「よかった」?』とエマに問う。

ドキッとした表情のエマ。

『。。。何が?』

そんなエマにレイは、
『農園をつぶすっていうノーマンの話、エマ あれ 本当は嫌なんじゃね?』と問うのだった。

ハッとして言葉が出ないエマ。

『ははは 何で? 嫌なわけないよ』

『何よりも確実でもう逃げなくてもよくて レイもいってたじゃん』

その言葉にレイは

『ああ言った。でもそれはお前が望む未来じゃないんだろ?』

と言い放ったのだ。

エマは。。。

『私おかしいんだ。。。ノーマンの気持ちも正しさもみんなの喜びも全部わかるの』

“鬼さえいなければ”

『私鬼を殺したくない』

皆がこれで幸せだってわかってるのに、エマの事を思って喜んでいるのが分かっていて

『私は鬼の幸せまで願っている』という。

『私はそんなみんなをより危険に巻き込むような選択(みち)を暗に望んでしまっているんだ

いやになる

食べれらたくない。。。絶対に食べさせたくもない 出荷も狩りも嫌なのに敵なのに。。。

鬼と私達何が違うんだろうって

鬼たちにも家族や友達がいる

鬼だって人間と同じように 生きるために

ただ 食べている だけなのにって

敵だからって 根絶やしにして いいのかな?

どれかで憎くても

どれだけ怖くても

本当に 絶滅のほかにないのかな。。。』

それに。。。

ムジカは友達なんだよ

私ムジカの同族を滅ぼしたくない』

エマは必至で訴えた。

本心を聞いたレイは、なぜそれを昨日言わなかったと問いただす。

その問いにエマは浮かない表情をして

『言えないよ  私は争わない選択(みち)がいい』

と答える。皆が望んでいる未来。。。

『七つの壁だってダメになったんだもん。。。人を食べ続けなきゃあの姿でいられないのなら

〝約束”を結びなおしたって 鬼は退化して滅ぶ 結局同じことなんだよ』

『ほかに選択肢(みち)が欲しい。。。どこにでもないの

どうしよう レイ

私どうすればいいかわからない!』

エマは必至でレイに訴えるのであった。。。。

 

約束のネバーランド最新話 第122話の感想

ノーマンの計画、改革、会談はいったい何なのか。。。

何かを拭い去れないノーマン。

エマの事をよくわかっているレイだからこそ聞き出せたエマの本音。

エマが人間を食べる鬼に対して感じていること、

同じように家族がいて友達がいて食べるものがただ人間だっただけ。。。

人間が豚や牛を食べるのと同じではないかと思ってしまいます。

さて、このエマの願いは聞き届けれるのか、レイはこのエマの願いにどうこたえるのか。

まだまだ見ごたえのあるハラハラの展開ですね。

次回をお楽しみに。。。

次回は、テレビアニメ&最終章 大人気のセンターカラー!!

少年ジャンプNo.12 2月18日(月)発売です。