; 【第2回関東リージョナル 優勝】 カプ・テテフライチュウR[VGC2017] | AMALGAME [アマルガム]

【第2回関東リージョナル 優勝】 カプ・テテフライチュウR[VGC2017]

rinPT

初めまして。Rinと申します。

今回が初めてのサンムーンWCSルールの大会参加となりました。前作まではダブルバトルに全く力を入れておらずシングルバトルばかりやっていたのですが、今年のルールはアローラ図鑑に載ったポケモンしか使うことができないので、サンムーンのソフトさえあればいくらでも強くなれると思いWCSルールに力を入れて、大会参加することを決めました。

成績

第2回関東リージョナル 優勝

関連動画

第2回関東リージョナルR5 ヤコブ vs Rin

第2回関東リージョナル決勝戦 Rin vs JUNIO

構築経緯

まず、サンムーン(WCSルール)においてライチュウRを使いたいと思いました。ライチュウRはエレキフィールド下では特性『サーフテール』を発動でき、サイコフィールド下では自身のエスパータイプを強化することができるなどカプ系ポケモンからの恩恵を多く受けることができるポケモンです。多くの人がカプ系ポケモンをパーティに入れており、それを活かして立ち回ることができると考えました。最初は、特性『サーフテール』を発動できるカプ・コケコ+ライチュウRにしようと思ったのですが、どちらも耐久が無く地面技が弱点であるためガブリアスが相手のパーティにいた時点でこの選出は厳しいと思いました。そこでカプ・テテフ+ライチュウRは特性『サーフテール』は発動できませんがライチュウRの火力を上げることができ、「サイコキネシスZ」で相手のガブリアスを倒すことができるためガブリアスがいても初手から出していけると考えました。カプ・レヒレ+ライチュウRも考えてみましたが、ライチュウRに火力がでないため微妙だと感じました。

しかしカプ・テテフ+ライチュウRの場合、相手のガブリアスの持ち物が「こだわりスカーフ」だとライチュウRが上から倒されてしまうのでガブリアスキラーであるポリゴン2を採用しました。

カミツルギはただただ単純に強いと感じ採用しました。

ウインディはカミツルギを意識し、

ギガイアスはキュウコンRやコータス、ペリッパーなどの天候ポケモンを意識して採用しました。

個別説明

ライチュウR

技  : サイコキネシス 10まんボルト アンコール ねこだまし
持ち物: エスパーZ
特性 : サーフテール
性格 : おくびょう
努力値: C252 B4 S252
実数値: 135-94-71-147-105-178

使いたかったポケモンです。

フィールドがあると強く、素早さもこのルールではトップクラスなので相手にかける負担がかなり大きくなります。サイコフィールド下なら「サイコキネシスZ」で耐久振りガブリアス確1。現環境はエスパーを防ぐポケモンがほとんどいないので受け出しが効きません。HD振りポリゴン2もライチュウRの「サイコキネシスZ」+カプ・テテフの「サイコキネシス」で倒せます。

「アンコール」は絶対に入れるべきだと思います。理由としては、流行りのカビゴンの「はらだいこ」なども防ぐことができ、Z技警戒で守ってきた相手を縛れることが挙げられます。「アンコール」があまり警戒されないので、交代されることをあまり考えず強気に行動することができます。

「ねこだまし」の部分は「まもる」でもいいと感じました。

カミツルギ

技  : スマートホーン リーフブレード せいなるつるぎ まもる
持ち物: きあいのタスキ
特性 : ビーストブースト
性格 : ようき
努力値: H4 A252 S252
実数値: 135-233-151-*-51-177

現環境において僕がパーティには不可欠であると思っているポケモンです。

「こだわりスカーフ」を使っている人も多いが、炎技を持った不意のカビゴンやテッカグヤなどにワンパンされるのは勿体無いと感じ「きあいのタスキ」を持たせました。

『いかく』込みでも「スマートホーン」で構築的につらいウツロイドを上からワンパンすることができます。

カミツルギを入れておけば相手はウインディを選出せざるをえない場合が多く、選出が読みやすかったです。

 

ポリゴン2

技  : れいとうビーム 10まんボルト じこさいせい トリックルーム
持ち物: しんかのきせき
特性 : ダウンロード
性格 : おだやか
努力値: H244 C36 D228
実数値: 191-*-110-130-158-80

裏のエースです。素直に強いと感じました。

トリル要因としてははもちろんの事ですが、ガブリアスにものすごく圧力をかけることができます。

「10まんボルト」と「トライアタック」で迷う人も多いですが、「トライアタック」は追加効果もあまり期待できず、テッカグヤなどにも抵抗できる「10まんボルト」の方が良いと思いました。

『ダウンロード』ではほとんどAが上がるので、『トレース』でもいいかもしれません、、、

ギガイアス

技  : いわなだれ ストーンエッジ じしん ヘビーボンバー
持ち物: とつげきチョッキ
特性 : すなおこし
性格 : いじっぱり
努力値: H252 A252 B4
実数値: 192-205-151-*-100-45

このポケモンを置いておくだけで相手の天候ポケモンにものすごく圧力をかけることができます。キュウコンRもあまり選出されることもなく、これもまた選出が読みやすくなります。

また、ギガイアスには「とつげきチョッキ」を持たせましたが、このポケモンには「イワZ」が採用されることも多く、『いかく』を入れられても相手のオニシズクモに対して負担がかかり強気に動かれることが減っているように感じました。

「ワイドガード」警戒で「こだわりスカーフ」ガブリアスにも圧力がかかりとにかく強かったです。

勇敢にしようか迷いましたが、終盤のギガイアス対面を考え意地っ張りにしました。

“チョッキギガイアス”最高!!

カプ・テテフ

技  : サイコキネシス ムーンフォース 10まんボルト まもる
持ち物: いのちのたま
特性 : サイコメイカー
性格 : ひかえめ
努力値: H132 B4 C220 D4 S148
実数値: 162-*-96-195-136-134

「トリックルーム」することもあるので、素早さを下げ耐久に少し割きました。そのおかげで決勝戦の「たつじんのおび」ウツロイドの「ヘドロばくだん」を1/16の超低乱数で耐えることができました。今回のMVPです。このポケモンはSがそこまで早くないので耐久に割いたほうがいいと思いました。

この構築において「10まんボルト」は採用するべきだと思います。ライチュウR+カプ・テテフにテッカグヤを受け出ししてくる人も多く、そのときに「10まんボルト」があるのとないのではかなり変わってきます。

ウインディ

技  : かえんほうしゃ バークアウト おにび まもる
持ち物: オボンのみ
特性 : いかく
性格 : ひかえめ
努力値: H140 B4 C156 D132 S76
実数値: 183-*-101-154-117-125

主にカミツルギ対策です。ほかにもメタグロスやベトベトンR、カビゴンに「おにび」、カプ系に「バークアウト」を入れればオッケー的なノリで入れました。ベトベトンRに「おにび」が入るとベトベトンRを置物にできます。

多くのカプ・レヒレより先に行動することができ、「バークアウト」→「オボンのみ」で「だくりゅう」を確定3発。

僕のパーティにはカミツルギが刺さっているのでカミツルギが見えたら必ず選出するようにしました。

選出

相手が雨パだった場合ポリゴン2+ギガイアスを初手で出したほうがいい思います。下手にギガイアスを後続で出そうとすると初手のペリッパーゴルダックにゴリ押されることがありました。

「おいかぜ」パーティにもポリゴン2+ギガイアスを初手で出し「10まんボルト」+「いわなだれ」などで「おいかぜ」要因を処理して「ちょうはつ」が解けるまで待つか、ライチュウRの「ねこだまし」などでプレッシャーをかけるなどして対応していました。

反省点

地面技の通りが良すぎる点です笑

無効がいないのはおろか抜群が3体もいたので、ポリゴン2の「れいとうビーム」やカミツルギの「リーフブレード」などで早めに処理する必要があります。

またウインディが微妙だったので物理型にした方がいいと思いました。

全体的にタイプ補完はよくできていたと思いますが、ベトベトンRもきつかったので対策が必要だと思いました。

さいごに

今回僕のパーティにこだわり系アイテムをもったポケモンがいなかったことがBO3において強く、優勝することができたと思っています。こだわりアイテムを採用しないことで2本目以降も読まれにくくなっていたと思います。

ですがBO1であるレートではあまり勝てませんでした(最高1750くらい笑)なのでそこは適当に「こだわりスカーフ」などをもたせて所見殺し要素を入れてみてもいいかもしれません。