ポケットモンスター

【ロンドン大会DAY1 8勝1敗】チョッキカプ・コケコ[VGC2017]

【ロンドン大会DAY1 8勝1敗】チョッキカプ・コケコ[VGC2017]

作者:Markus Stadter(@13Yoshi37)
翻訳:ryokon(@ryokonVGC)
 

はじめまして、Markus Stadter(オンラインではYoshi や13Yoshi37)です。今回は私がロンドンインターナショナル大会で使用したパーティを紹介したいと思います。残念ながら本大会では思ったように結果が残せず、day1で8-1という好成績を残したものの、チームシートでトリトドンの性格を書き間違えたことによりday2以降トリトドン抜きの5匹で戦うことになってしまいました>_<

トリトドン抜きで戦うのはあまりに厳しく、day2は1戦しか勝つことができず最終的に9-5、41位で終わりました。

構築経緯

このロンドンインターナショナルはヨーロッパの中では一年で一番大事な大会であるだけにできるだけ準備をしましたが大会直前でも納得のいくパーティはなく、友人にいくつか(ぶっとんだ)パーティを貸してもらったがどれも手に馴染まず、最終的に今回のロンドンに参加できなくなってしまった友人のMichileleに教えてもらった「とつげきチョッキ」カプ・コケコ、「きあいのタスキ」ゲンガー、「ジメンZ」ガブリアスという軸を気に入りここから出発することにしました。

高速なポケモンで形成されていることから正しい読みと集中攻撃を行えればどんな相手にも対応できると感じていて、あとは残りの3匹を探すだけでしたが、トリトドンとウインディが入ってきたのは大会の前日でした。以下より個別に解説をしていきたいと思います。

個別説明

カプ・コケコ

技  : ほうでん マジカルシャイン しぜんのいかり ボルトチェンジ
持ち物: とつげきチョッキ
特性 : エレキメイカー
性格 : おくびょう
努力値: H252 B4 C12 D140 S100
実数値: 177-*-106-117-113-179

まずはカプ・コケコから紹介したいと思います。先ほども言った通りこの型は@MichileleVGCから譲り受けたものです。
「とつげきチョッキ」を持ったカプ・コケコは自分では教えてもらう以前では聞いたこともなく、このルールで初めて活躍させることができて嬉しいです。とても面白い型であることは間違いないのですがまずどれだけ硬いかダメージ計算をいくつか載せたいと思います。

B : A182ガブリアスの「じしん」耐え(82.4 – 98.3%)
B : A177ギャラドスの「たきのぼりZ」15/16耐え(85.3 – 100.5%)
B : A122テッカグヤの「ヘビーボンバー」(44 – 52.5%)
D : C161ゴルダックの(雨)「ハイドロポンプZ」15/16耐え
D : C200カプ・テテフ(サイコフィールド)「サイコキネシス」(51.4 – 61%)

もちろんこの耐久値を得るには火力の低下が代償となっています。

C : 184-105ガブリアスに対して「マジカルシャイン」(40.4 – 49.1%)
C : 168-101ゴルダックに対して(エレキフィールド)「ボルトチェンジ」 (82.1 – 97.6%)
C : 146-135カプテテフに対して(エレキフィールド)「ボルトチェンジ」(35.6 – 43.1%)

多くの場合「しぜんのいかり」が最高打点になりますのでこれを頭に入れておきましょう。

素早さはゲンガーより1速い179でもちろんカミツルギやガブリアス等より速いです。おそらく179を下回る配分を自分で使うことはないと思います。

耐久カプ・コケコに可能性はあると思います。相手が予想しない形で攻撃を耐えて「ほうでん」で相手の麻痺を狙ったり、「ボルトチェンジ」で終盤に再びエレキフィールドを復活させることができます。

「マジカルシャイン」はとても火力が低いですが、「ほうでん」が打てない場合でも打てる全体技が欲しかったので採用しました。もう少し火力の期待できる「10まんボルト」も「ボルトチェンジ」との選択になると思いますが、火力より機動性を求める型なので今回はこのような構成になっています。

ゲンガー

技  : ヘドロばくだん シャドーボール ちょうはつ まもる
持ち物: きあいのタスキ
特性 : のろわれボディ
性格 : おくびょう
努力値: H4 C252 S252
実数値: 136-*-80-182-95-178

次に紹介するのは自分が一番好きなポケモンでもあるゲンガーです。2014、2015、2016ではゲンガーを使いとても良い結果を残すことができ、今回もそのつもりでした。

努力値はとても単純でHは8n-1調整になっています。

「ヘドロばくだん」は相手のカプ系に強く、「シャドーボール」はカプ・コケコが苦手とするガラガラRに対して大きくダメージを与えられます。「ちょうはつ」はこのパーティが苦手とする「トリックルーム」を封じ込むためで、現在の流行りはポリゴン2で起動するものなのでこれにとても有効です。

今回のような前のめりなパーティでは「きあいのタスキ」はとても効果的で、相手はゲンガーを2度攻撃しないと落とせません。カプ・コケコと初手で並べた際、相手が「じしん」といったこちらの2体に大ダメージを与えられるポケモンがいない場合早い段階から数的有利を取ることが可能で、試合運びがとても楽になります。

今作「ふゆう」を失ったのはかなり残念です。「じしん」を最大限活かすには浮いているポケモンがもう一体欲しく、実際自分のポケモンを「じしん」で巻き込む試合もありました…

ガブリアス

技  : ドラゴンクロー じしん どくづき まもる
持ち物: ジメンZ
特性 : さめはだ
性格 : ようき
努力値: A252 D4 S252
実数値: 183-182-115-*-106-169

ガブリアスもまたとても単純な配分で攻撃と素早さを最大に伸ばし、HPは8n-1になっています。

「じしんZ」はとても強力でカプ・コケコの「しぜんのいかり」と合わせて
192-143ポリゴン2に対して「じしんZ」(48.9 – 58.3%)
ポリゴン2を倒すことも可能です。この合わせ技は練習、そして大会中よく決まりましたがday1で唯一負けた相手Michele Gavelliのポリゴン2にはこれを耐えられ「トリックルーム」を張られてしまいました。

「ドラゴンクロー」は単純に一致技として採用しました。「じしん」が打ちづらい構築なため採用しました。

「どくづき」はゲンガーの「ヘドロばくだん」と合わせトリトドンとカプ・コケコが苦手とするカプ・ブルル対策です。

このガブリアスはとても強いと感じましたがもしかしたらさらに強い型が存在するかもしれないですね。

テッカグヤ

技  : ヘビーボンバー やどりぎのたね ワイドガード まもる
持ち物: たべのこし
特性 : ビーストブースト
性格 : しんちょう
努力値: H252 A4 B84 D100 S68
実数値: 204-122-134-*-147-90

この構築においてのテッカグヤの評価はあまり高くありませんが、キュウコンRやガブリアスを相手してもらう必要があるため採用しました。「ワイドガード」は相手の「ソーラービーム」搭載コータスが厳しかったため採用しました。しかし「ワイドガード」があってしても楽な相手ではありません。相手の「トリックルーム」を止める必要がどの道必要だったのでもしかしたら「みがわり」の方が良かったのかもしれません。

素早さは少しだけ振り遅いテッカグヤを抜けるようにしましたが今ではさらに速いテッカグヤもいるのでこの配分を再度使うかは微妙なところです。

元々は残り2枠にガラガラRとギャラドスを採用していましたが雨パーティと積み構築に対しての勝率があまり良くなかったためトリトドンとウインディに変更しました。

トリトドン

技  : ねっとう どくどく じこさいせい まもる
持ち物: オボンのみ
特性 : よびみず
性格 : なまいき
努力値: H228 B220 D60
実数値: 215-*-116-112-121-39

本来なら穏やか個体を採用したかったのですが当日間違って生意気個体を登録してしまいました>_<

HPは8n-1調整で全体的に耐久に振りました。トリトドンはday1で大活躍してくれてday2では不在だったのがとても心細かったです。雨パーティやポリゴン、ガラガラR、オニシズクモを軸にしたトリックルームパーティにも強くでれます。カプ・コケコ+ガブリアスにも強く他にもあげればきりがないです。

実は最初はSnow (@BlueYossi)よりアイデアをもらった「たくわえるZ」の型を軸にした防御よりのパーティを使うつもりでしたが、増え始めた「どくどく」持ちのポリゴン2にどうやっても勝てなかったので今回のような攻撃的なパーティになりました。雨パーティ対策にとどまらず、パーティの穴を埋めてくれるとても大事な役割を持ったポケモンでした。

ウインディ

技  : かえんほうしゃ バークアウト ほえる まもる
持ち物: ぼうじんゴーグル
特性 : いかく
性格 : おくびょう
努力値: H76 B4 C188 D68 S172
実数値: 175-*-100-144-109-150

D : C179ウツロイドの「パワージェム」15/16耐え

最後のポケモンはウインディで、素早さは他が少し苦手なデンジュモク+2です。

この技構成以外に強力な「おにび」と「しんそく」を採用したかったのですが止むを得ずこれらを切る形になりました。

このウインディはイーブイやポリゴンZと言ったギミック系パーティに滅法強く、コータスドレディアヤレユータンにもとても強いです。

「ぼうじんゴーグル」はドーブルの「キノコのほうし」やドレディアの「ねむりごな」を無効化し、「ほえる」はあまり使うことがなかったのですが「トリックルーム」を止めるもう一つの手段です。イーブイパーティにもエーフィさえケアすれば強い技です。

「バークアウト」は個人的にとても評価しています。

ここにかいてある相手に苦戦しているなら一度この構成を使ってみることをお勧めします!

おわりに

全体的にこのパーティにはとても満足しており、@Dark_Psiana, @SanvyVGC, @BillaVGC,@PokeAlex ,@_000aj, ,@Greenway2isiといったプレイヤーをday1に倒すこともできました。

day2で「トリトドン」が使えなかったのがとても心残りで、もし使えたならまた違う結果になっていたと信じたいです。

対戦動画

vs. @SanvyVGC

https://www.youtube.com/watch?v=doudl2ei6xk

vs. @BillaVGC

https://www.youtube.com/watch?v=huD5EBvrRjs

私のyoutubeチャンネルにて:

ここまで読んでいただきありがとうございました!これを読んでなにか新しいことを一つでも学んでいただけたら幸いです。依頼、翻訳していただいたmasaさんとRyokonさんにも感謝したいと思います!

Pokémon player and commentator from Germany. 3rd Worlds 2016. German National Champion 2014. UK National Champion 2015. Tweets are mine.

PICKUP -人気の記事-

サンムーン孵化効率検証。最速孵化はどの走り方か
サンムーン孵化効率検証。最速孵化はどの走り方か 2016.11.21
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ 2016.11.24
ポケモンワールドチャンピオンシップス2017まとめ
ポケモンワールドチャンピオンシップス2017まとめ 2016.08.29
【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017]
【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017] 2017.01.02
【ロンドン国際大会13位】滅びブルル[VGC2017]
【ロンドン国際大会13位】滅びブルル[VGC2017] 2017.01.10
Wolfe、オーガレックの新境地 - 構築作成の流れ -
Wolfe、オーガレックの新境地 - 構築作成の流れ - 2016.08.24
シングルをやったことがある人向け WCSルール・ダブルバトルのはじめ方【初心者向け】
シングルをやったことがある人向け WCSルール・ダブルバトルのはじめ方【初心者向け】 2017.04.14
ポケモン サン・ムーン Zワザまとめ(仕様・Z技威力一覧・Z変化ワザ効果一覧・Zワザモーション)
ポケモン サン・ムーン Zワザまとめ(仕様・Z技威力一覧・Z変化ワザ効果一覧・Zワザモーション) 2016.11.18
サンムーン孵化情報(関連施設の説明、道具の入手方法、『ほのおのからだ』入手、孵化ロード)
サンムーン孵化情報(関連施設の説明、道具の入手方法、『ほのおのからだ』入手、孵化ロード) 2016.11.18
4V以上も出るか?高個体値メタモンを乱獲する「ビビリだまチェイン」
4V以上も出るか?高個体値メタモンを乱獲する「ビビリだまチェイン」 2016.11.18

LINEUP -ラインナップ-