ポケットモンスター

【第1回関東リージョナル 準優勝】カプ・コケコキュウコンR[VGC2017]

【第1回関東リージョナル 準優勝】カプ・コケコキュウコンR[VGC2017]

日本語(Japanese) 英語(English)

初めまして、シャロンと申します。
今回は第1回関東リージョナルで使用し準優勝という成績を収める事が出来ましたので、記事を書かせて頂きます。

成績

第1回関東リージョナル:準優勝

関連動画

第1回関東リージョナル準々決勝 vs たいき

第1回関東リージョナル決勝 vs 勝海

はじめに

自分は普段この期間はあまりポケモンを熱心にプレイしていない事が多く、ジャパンカップ直前から始めることがほとんどです。
しかし今回のルールは素直に”面白い”と感じるフォーマットで、この時期から結構な時間を対戦に割きました。

カプ・コケコとキュウコンRの攻撃的かつ幅広い対応力を持った組み合わせに注目し、同じ調整チームの勝海さんから、テッカグヤ+トリトドンのパッケージの強さを教えてもらい、そこから構築をスタート。
この4体を固定とし、補完の2体を入れ替えて調整を続けました。

対戦をすればするほどこのルールの選択肢の広さ、奥深さに触れて時には迷走することもありましたが、大体の課題は見えました。
中でもライチュウR+カプ・コケコの組み合わせには手を焼きまして、今回の自分のパーティのカビゴンがその対策の枠となっています。

所謂”グッドスタッフ”に位置するパーティは選出の幅広さ・対応力を高いラインに持てることが好きなところです。
特に今回のBO3というフォーマットでこそ真価を発揮するところだと、関東リージョナルが終わった今思います。

カプ・コケコ

技  : 10まんボルト マジカルシャイン めざめるパワー地面 まもる
持ち物: いのちのたま
特性 : エレキメイカー
性格 : ひかえめ
努力値: H4 C252 S252
実数値: 146-*-105-160-95-182

個人的なキャラランク最上位ポケモンの一角。まず仕事してくれます。

キュウコンRとの組み合わせを考えた構成になっているため、性格は「ひかえめ」。
天敵である「ひらいしん」ガラガラを後出しされても突っ張れる「めざめるパワー地面」。

先発で出して相手に爪痕を残してから交代して、最後の詰めに使うという使い方をイメージしてください。

キュウコンR

技  : ふぶき こごえるかぜ フリーズドライ どくどく
持ち物: きあいのタスキ
特性 : ふきふらし
性格 : おくびょう
努力値: H4 C252 S252
実数値: 149-*-95-133-120-177

技構成はかなり悩み抜いた結果この「まもる」抜きに落ち着きました。

まずメインウェポンとして「ふぶき」は確定。相手のカプ・コケコを代表とするキュウコンRよりも速いポケモンに対して盤面を逆転する「こごえるかぜ」。
そして出されやすいポリゴン2に「どくどく」。

ペリッパー、ギャラドス、トリトドンの使用率的に「フリーズドライ」も外せません。
「フリーズドライ」に関しては、持ってる前提で相手が動いてくれるから要らないのではという考え方もありますが、「ワイドガード」+ガブリアス等必要になる場面は意外と多いです。

テッカグヤ

技  : ヘビーボンバー みがわり やどりぎのタネ まもる
持ち物: たべのこし
特性 : ビーストブースト
性格 : ようき
努力値: H228 A28 S252
実数値: 201-125-123-*-121-124

アローラの闇と名高い最強のポケモン。今回は最速、『ビーストブースト』によりAを上げる配分としています。

まず最速にすることのメリットとして、相手の「テッカグヤ」に強くなることはわかりやすいかと思いますが、他にもキュウコンRの「こごえるかぜ」と併用することでカプ・テテフなどを縛った状態にして行動することが出来たりします。

『ビーストブースト』で攻撃を上げることで「ヘビーボンバー」でガラガラRなど相性の良くないポケモンがある程度削れていた場合、倒せるようになったりします。

トリトドン

技  : ねっとう ヘドロばくだん じこさいせい まもる
持ち物: オボンのみ
特性 : よびみず
性格 : ひかえめ
努力値: H252 B172 C72 D12
実数値: 218-*-110-133-104-59

ペリッパーにしてもニョロトノにしても、雨系統のパーティに尋常じゃない強さを見せます。

テッカグヤとの相性は抜群で、炎タイプと電気タイプに後出ししやすく、「じこさいせい」により場で長持ちします。

「ヘドロばくだん」は珍しい採用ですが、追加効果のどくは説明不要の強さで、苦手なカプ・ブルルに刺すことも出来ます。

ウインディ

技  : かえんほうしゃ バークアウト しんそく おにび
持ち物: バンジのみ
特性 : いかく
性格 : おくびょう
努力値: H252 B4 C76 D4 S172
実数値: 197-117-101-130-101-150

この枠はマッシブーンなど色々試したのですが、『いかく』を持っているポケモンがパーティにいないと相手の選出が物理に寄せた強気のものになってしまうことが多くなり、採用。

特にカミツルギやベトベトンRがいる時は積極的に選出したいポケモンで、「おにび」によりテッカグヤ、トリトドンをサポートします。

カビゴン

技  : すてみタックル 10まんばりき ワイルドボルト まもる
持ち物: ノーマルZ
特性 : あついしぼう
性格 : ゆうかん
努力値: A252 B60 D196
実数値: 235-178-93-*-155-31

カプ・コケコ+ライチュウRへの対策で採用。

本当は「ギガインパクト」を持たせて「ほんきをだすこうげき」にしたいところだったのですが、スペースの関係で断念。

「ワイルドボルト」はギャラドスに強いのもそうですが、テッカグヤの「みがわり」を割れることも重要となってくるポイントです。

「すてみタックルZ」でも倒したい相手は大体倒せるので、この構成で良かったと思います。

立ち回り

基本的にカプ・コケコとキュウコンRで先発します。

相手にガラガラRがいたら大体後出しから出てくるのですが、「ふぶき」「めざめるパワー地面」と霰のスリップダメージで反撃をもらうことなく処理出来ます。
先発でガラガラRが出てきた場合も、カプ・コケコ「まもる」キュウコンR「ふぶき」から入って同様の効果が期待出来ます。
ここでガラガラRを処理したことによって後発のテッカグヤが自由に動けるようになり、これを勝ち筋としています。

いかにテッカグヤをサポート出来るかどうかというのが焦点となっています。
“テッカグヤの障害となるポケモンを倒す”というのが行動理念です。

ただあくまでこのパーティはグッドスタッフで、勝ち筋が無限に存在することが強みであることを忘れないでください。

さいごに

決勝ではグッドスタッフミラーをしっかり抑え込むよう構築された勝海さんの見事なパーティに為す術なく負けてしまいました。

今回のこのルールは”やればやるほど”上手くなるルールだと信じてるので、ここからどうやって環境が変遷していくのかを、環境最前線についていけるように頑張りたいです。

Pokemon: WCS2010東京大会準優勝 WCS2013,2014,2015,2016連続全国大会出場 WCS2015日本代表 2015,2016世界大会の実況解説 @syaron_P 所属:S.V.G

PICKUP -人気の記事-

サンムーン孵化効率検証。最速孵化はどの走り方か
サンムーン孵化効率検証。最速孵化はどの走り方か 2016.11.21
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ
王冠利用Lv.100までのレベル上げまとめ 2016.11.24
【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017]
【WCSレートS1最高1位】レヒレポリZレポート[VGC2017] 2017.01.02
【ロンドン国際大会13位】滅びブルル[VGC2017]
【ロンドン国際大会13位】滅びブルル[VGC2017] 2017.01.10
4V以上も出るか?高個体値メタモンを乱獲する「ビビリだまチェイン」
4V以上も出るか?高個体値メタモンを乱獲する「ビビリだまチェイン」 2016.11.18
Wolfe、オーガレックの新境地 - 構築作成の流れ -
Wolfe、オーガレックの新境地 - 構築作成の流れ - 2016.08.24
シングルをやったことがある人向け WCSルール・ダブルバトルのはじめ方【初心者向け】
シングルをやったことがある人向け WCSルール・ダブルバトルのはじめ方【初心者向け】 2017.04.14
ポケモンワールドチャンピオンシップス2017まとめ
ポケモンワールドチャンピオンシップス2017まとめ 2016.08.29
サンムーン孵化情報(関連施設の説明、道具の入手方法、『ほのおのからだ』入手、孵化ロード)
サンムーン孵化情報(関連施設の説明、道具の入手方法、『ほのおのからだ』入手、孵化ロード) 2016.11.18
ポケモン サン・ムーン Zワザまとめ(仕様・Z技威力一覧・Z変化ワザ効果一覧・Zワザモーション)
ポケモン サン・ムーン Zワザまとめ(仕様・Z技威力一覧・Z変化ワザ効果一覧・Zワザモーション) 2016.11.18

LINEUP -ラインナップ-